【アメトーーク】スクールウォーズ芸人がおもしろい!キャスト・出演者は?

アメトーークでスクールウォーズ芸人をやっていましたね。

僕的には、中川家とケンコバが出演する時って毎回面白くて見てしまいます。

今回は、スクールウォーズ芸人を見ての感想とキャストについて書いていきますね。

広告


スクールウォーズ芸人の出演者

  • 中川家
  • ブラックマヨネーズ小杉
  • ケンドーコバヤシ
  • ドランクドラゴン塚地
  • FUJIWARA藤本
  • 特別顧問:松村邦洋
  • ゲスト:山根千佳

アメトーーク スクールウォーズ芸人
ゲストの松村さんは、別室でトークとなっていました。

おそらく、呼ぶとものまねが止まらないのでモニター越しなんでしょう(^^)

それにしても山根千佳は小さくてかわいいです。

スクールウォーズとは?

正式名:スクール☆ウォーズ~泣き虫先生の7年戦争~

放送期間:1984年10月から1985年4月 全26話

放送日:毎週土曜日 21:00~21:54 (TBS)

制作:大映テレビ

スクールウォーズのストーリー

京都市立伏見工業高等学校ラグビー部とその監督で元日本代表フランカーの山口良治をモデルとして、作家・馬場信浩が執筆したフイクション『落ちこぼれ軍団の奇跡』を基に制作されたフィクションドラマである。

引用元:Wikipedia

スクールウォーズが放送されていた当時は、今では考えられないような荒れている学校が多く存在していて校内暴力が社会問題となっていたそうです。

スクールウォーズのは、中でも京都で一番荒れていたという伏見工業(ふしみこうぎょう)の実話をモデルに描かれた作品になります。

この作品には、なんと和田アキ子さんと梅宮辰夫さんも出演されてたんですね!

先生のモデルとなった人は、元ラグビー日本代表の山口良治という方だそうですね。

スクールウォーズ芸人の感想と見どころ

感動するということを聞く作品なのに、見どころ紹介のたびに面白く見えてしまい終始笑いが止まりませんでしたね。

広告


マネージャーの胴上げシーンが爆笑!

胴上げって、野球とかでも5回で終わるのにスクールウォーズの胴上げの回数が多いんですよ!

49回って

確かに、途中からマネージャーがグッタリし始めて胴上げの最中『棒になる!』というツッコミが最高でしたね。

アメトーーク スクールウォーズ芸人

ザブングル加藤の元ネタがスクールウォーズ!

『悔しいです。』『カッチカチやぞ』で有名なザブングル加藤さんのネタですが

なんとスクールウォーズの試合で負けた控室でのシーンが元ネタだということがわかりました。

アメトーーク スクールウォーズ芸人

確かに、顔の感じといいセリフといいネタそのままです!

ただ、このシーンって『お前らゼロの人間なのか!』というかっこよく感動的なシーンなのですがザブングル加藤さんのネタが浮かんでしまい見るとつい笑ってしまいます。

悔しいです!

高3でその勉強?

ものすごい悪だった内田という生徒が、ジャポニカ学習帳らしきノートを手に滝沢先生に勉強を教わりにいくシーンがあります。

勉強といっても高3なのに花っていう漢字をノートに書いていく勉強なんですよねえ。

内田『先生、花って字、十書いたら花束みてぇだぜ。百書いたら…』

滝沢先生『“花園”だな。』

このシーン、きっと当時なら感動的で素直に見れたと思いますが爆笑しました。

アメトーーク スクールウォーズ芸人

大物をフリに中川家礼二がネタ披露!

最後に滝沢先生を演じた山下真司が登場し、出演者を殴る名シーンをアメトーーク出演者にするのですがその時にラグビーボールが!

ピッ!ノックオン!川浜ボール

アメトーーク スクールウォーズ芸人

中川家礼二のこのネタ何回見たことかわかりませんが、何回見ても飽きませんね。大俳優をフリに使うな(^^)

アメトーーク スクールウォーズ芸人

まとめ:スクールウォーズ芸人

やはり中川家とケンコバの回は、ハズレがないので安心して見れますね。

ところどころでフジモンのツッコミもかなり的を得ていて面白いです。

次回もアメトーークも楽しみにして待ちたいですね。

広告