【コクリコ坂から】松崎海がメルの由来は?原作で北斗から付けられた?

2011年に公開されて大ヒットしたジブリ映画「コクリコ坂から」。

主人公の松崎海ちゃんは、メルという変わったあだ名で呼ばれていまよね。

実は、メルというあだ名になったのは意味がいくつかあることがわかりました。

この記事では、映画「コクリコ坂から」の主人公がメルと呼ばれている理由や意味について紹介します。

【コクリコ坂から】松崎海がメルの由来

主人公の松崎海ちゃんは、友達から「メル」というあだ名で呼ばれているますが作品内では特に説明が無く気になった方も多いのではないでしょうか。

メルというあだ名は、フランス語の海を意味する「la mer(ラ・メル)」が由来なんですよね。

原作では、海が憧れているコクリコ荘の住民である男性(北斗)が、「メル」とあだ名を付けたという展開が描かれています。

ただし、映画版では北斗女性に変更となったため、どのような経緯でメルになったのかは触れられていませんでした。

北見北斗(男性、獣医学生)→北斗美樹(女性、研修医)

引用元:Twitter

原作では、北斗からコクリコ坂のコクリコ(Coquelicot)がフランス語のことで、「海だからメルだね」という展開になるようですよ。

話の展開が気になる方は原作「コクリコ坂から 」をチェックしてみてくださいね。

created by Rinker
¥968 (2020/09/27 22:06:57時点 楽天市場調べ-詳細)

話の展開的にも原作に忠実に作ったほうがよかったようにも思えますが、映画版で北斗を男性から女性に変更する必要があったのにはいくつか理由があるんですよね。

【コクリコ坂から】北斗を男性から女性に変更した理由は?

原作では男性だったのに、映画化で女性にキャスト変更した理由に関しては、正式な公表されていませんでしたがおそらく主人公のきれいな恋愛展開で描きたかったからかもしれません。

原作では、メルの片思いの相手として北斗さんが登場するわけですが風間俊との出会いで「北斗さんも好きだけど風間君も好き」という気持ちが揺れ動くシーンが描かれています。

ジブリ作品といえば、男女ペアの恋愛展開が王道として描かれていますよね。

ラピュタ、千と千尋、魔女宅、もののけなどファンタジーの世界観でもほとんどです。

ジブリの方針として「子供向けに高品質のアニメーション映画を提供するだけでなく、大人の鑑賞に耐えうる高度な作品」であることが大事とされています。

ジブリ作品においては、子供から大人までの広い範囲をねらったフル・レンジの宣伝を展開するのです。その場合、特に、大人の鑑賞に耐えうる高度な作品であることを強くアピールすることが大事です。

引用元:スタジオジブリの歴史

つまり、子供が見てもわかりやすい内容であることや大人になってから何度見ても面白いと思える作品を作っているということになります。

そのため、映画「コクリコ坂から」では、2人の男性と1人の女性という組み合わせを避けたのではないかと思いますね。

また、作品自体の放映時間も関係していたのかもしれません。

風間くんだけでなく、北斗との話も作品に反映してしまうと映画の時間も長くなってしまって子供が飽きてしまうということも考えられますもんね。

まとめ:コクリコ坂からのメルの由来

映画「コクリコ坂から」は、主人公の松崎海さんがメルというあだ名になった理由がわかりましたね。

原作では描かれているものの、映画化で色々なことが変更になったことがわかりました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

広告

【コクリコ坂から】見逃し動画配信サービス

映画「コクリコ坂から」を見逃してしまった場合は【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】 を利用することで視聴することができます。

お試し期間内であれば、無料で視聴できますし他のジブリ作品も視聴できるのでおすすめです。

\まずは30日間をお試ししてみましょう/