【森川葵】あだ名がワイルド・スピード森川の由来は?才能がすごすぎる!

ドラマや映画などでカメレオン女優と呼ばれるほど演技が魅了されている森川葵さん。

バラエティ番組に出演する機会も多く「ワイルド・スピード森川」というあだ名が作られて視聴者からも愛されているんですよね。

では、なぜワイルド・スピード森川というあだ名が付いたのでしょうか?

この記事では、森川葵さんのあだ名が「ワイルド・スピード森川」の由来について紹介します。

森川葵のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

森川葵(@aoi_morikawa0617)がシェアした投稿

名前:森川葵(もりかわあおい)

生年月日:1995年6月17日

出身:愛知県東海市

職業:女優、タレント、モデル

15歳(2010年)の時にファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルのオーディションのグランプリに選ばれたことがきっかけとなりました。

19歳(2015年)の時に専属モデルを卒業してからは、ドラマ出演やトーク番組のアシスタントなどのタレントとしても活動の幅が増えていきました。

女優として作品ごとに違う役を演じ分けることから「カメレオン女優」と評価されています。

森川葵がワイルド・スピードの由来

森川葵さんは、バラエティ番組「それって実際!?どうなの課?」に2019年5月1日からレギュラー出演することが決まりました。

現在は、「ワイルド・スピード森川」として番組を盛り上げてくれていて、すごい才能を見せてくれているんですよね。

ワイルド・スピード森川というあだ名については、集中力や感覚が鋭いことで番組で用意した高難易度の企画をすごい速さで習得してしまうことから由来しています。

番組スタッフとしては、達人の技を森川さんが苦労して挑戦する姿を撮りたかったのですが、あまりにも速く法定速度を無視してクリアしてしまうため、有名な映画のタイトル「ワイルド・スピード」が付けられたのでしょうね。

ちなみに、これまで森川葵さんが挑戦して成功してきた企画は以下のとおりです。

ワイルド・スピード森川が挑戦した企画

・1ミリけん玉

・クレーンゲーム

・水切り

・ロックバランシング

・ダイススタッキング

・カード投げ

・テーブルクロス引き

・ビリヤード

・ヨーヨー

どの企画もすんなり成功できるようなことでもないですが、森川さんの挑戦する姿を見ると「自分にもなんかできるんじゃないか!」と思って挑戦したくなりますよね。

本人曰く、運動神経はいいわけではないようなんですが感覚やセンスが鋭いんでしょうね。

プロでも1日でできないことを1日で習得してしまうあたり、教える側としても度肝を抜かれていそうですし、教え買いがありそうですよね。

【動画あり】森川葵の才能がすごい!

ここからは、これまでワイルド・スピード森川さんが挑戦してきた企画についてまとめていきたいと思います。

本人のインスタでも公開されていたものや番組の動画についてもいくつか見ていきましょう。

どの技も、見ただけですごいものばかりで驚かされますよ!

この投稿をInstagramで見る

森川葵(@aoi_morikawa0617)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

森川葵(@aoi_morikawa0617)がシェアした投稿

まとめ:ワイルド・スピード森川がすごすぎる

森川葵さんは、バラエティ番組で「ワイルド・スピード森川」とあだ名がついていました。

才能がすごくものすごい速さで習得することから付けられたことがわかりましたね。

どの企画もサラッとできるような技ではないのに、才能がすごすぎますね!

広告