ナスDこと友寄隆英さんという肌が黒い番組ディレクターが話題になっています。

元々は、白い肌だったのですが、なぜ黒くなったのか気になりますし治るのでしょうかね?

番組の企画でウィトを塗ったのですが、本当に美容効果があるのか気になります。

広告

ナスDのプロフィール

名前:友寄隆英(ともよりたかひで)

生年月日:1974年

職業:演出家、プロディーサー

配偶者:森崎友紀

ナスD

U字工事と一緒に「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」という番組で一緒に世界を旅をするディレクターです。

原住民に薦められたらなんでも取り入れてしまうほどポジティブな性格のようですね。

元々は、肌が白かったのですが番組の企画で黒くなってしまい風貌がまるでゾンビやナスのようなので破天荒なナスDと呼ばれるようになりましたね。

ナスD

ナスDの肌が黒いのはなぜ?ウィトって?

2017年5月2日の放送された「地球を征服するなんて」で南米ペルーのアマゾンを旅した際に、シピポ族と呼ばれる部族を訪れた時に事件が起こります。

美容にいいと言われてパパイヤに似たウィトと呼ばれる果物を薦められたようです。

ウィトを食べた感想だと味の濃いパパイヤのようですね。

ウィト

また、ウィトは原住民のタトゥの染料に使われるようで塗ってしまうと一生取れないと言われているんですよね。

塗ってから2時間後には、黒くなり高熱が出ることがあったようです。

まるでラッツアンドスターのようでおかしいですが、全身タトゥ男ってことですよね。完全に事故とは言え、現地の人の冗談って結構キツイ感じがしますね。

気になるのが、これって治すことができるのでしょうか?

 

ナスDの肌は治るの?

現地では、一生落ちないって言われていますから心配ですよね。

ましてや海外を旅しているわけですからパスポートの写真と違うとはねられてしまいますし帰国できないってことが考えられます。

また、ジャングルの熱い地域だと黒い肌って熱を吸収してしまうので普段よりも体への負担が大きくなると思いますね。

どうやら、一生残るわけではなさそうです。

ナスD

ところどころ、白くなってきたようにも見えますし、取れていくのだと思います。

タtゥだったら掘って着色しますが、ナスDはウィトを肌に塗っているだけなので肌の表面だけが黒くなっているだけですね。

つまり、時間がたって肌が新しく生まれ変わっていけば色も薄れていくと思います。

大体、人間の肌の再生には、28日から42日かかると言われていますがナスDの色からするともう少し掛かるとしても約2ヶ月ほどで戻ると考えられますね。

まとめ

ナスDってハプニングが多くて面白いですよね。肌についてはかわいそうですが、怖いもの知らずというのがメンタル強くてかっこいいです。

肌は戻る可能性があるのですが番組でどうなるのか見ないといけませんね

広告