ダイヤモンド(芸人)小野竜輔がイケメン!バンドやアイドルでも活躍?

お笑い芸人コンビ「ダイヤモンド」で、ボケ担当の小野竜輔さん。

コントや漫才では、一言も話さないスタイルの時もありますがよく見ると、ルックスがかっこよくイケメンですよね。

どうやら、芸人の他にバンド活動もされているとのことですが本当なのでしょうか。

この記事では、お笑いコンビ「ダイヤモンド」の小野竜輔さんについてまとめてみました。

ダイヤモンド(芸人)小野竜輔のプロフィール

名前:小野竜輔(おのりゅうすけ)

生年月日;1990年8月13日

出身:山口県

担当:ボケ

事務所:吉本興業

元々は、NSC31期生で同期だった松下慎平さんと「アルドルフ」というお笑いコンビで2010年10月1日から2016年3月32日まで活動されていました。

※現在、元相方の松下さんはテンポイントというコンビで活動されています。

その後は、山口ゆきえさんと「セクシーパクチー」というお笑いコンビを組んだのですが2016年5月から2017年4月まで活動され解散となりました。

※現在、相方の山口さんはオトメタチというコンビで活動されています。

そして、NSCで同期だったことやライブで一緒になることが多かった元エレーンの野澤輸出さんと2017年7月21日にコンビ組み「ダイヤモンド」を結成しました。

どうやら、コンビを組もうと声を掛けたのは小野さんの方で、「アルドルフ時代と正反対のスタイルのコンビを組みたい」ということでオファーされたのだそうですよ。

ダイヤモンド(芸人)小野竜輔がイケメン!若い頃も

ダイヤモンドの小野さんは、すごく見た目がイケメンですよね。

ネタ中は、相方のストライプ柄の服が印象的なので気付きにくいかもしれませんが、小野さん単体で見ると、アーティストのようなスッとした感じでかっこいいんですよね。

世界の終わりのFukaseさんとか社会学者の古市憲寿さんにも似ているかもしれません。

Instagramもされているのですが、若い頃の写真も公開されていました。

今と同じように昔からおしゃれだということがわかりますね。

そんな、小野さんはお笑い芸人だけでなくバンドでベースも担当されています。

ダイヤモンド(芸人)小野竜輔はバンドでベースを担当

小野さんは、4人組のユニットSALTY’S(ソルティーズ)でベースを担当されています。

ちなみに、ソルティーズとは塩顔系男子を集めたユニットであるためソルト(塩)から由来しているのだとか。

メンバーは、ピスタチオの小澤慎一郎さん、元テゴネハンバーグでプロポーカープレイヤーの松村惇史さん、ピン芸人の西村ヒロチョさんになります。

それぞれ、メンバー名があるのでまとめておきますね。

ソルティーズのメンバー
  • 塩村:松村惇史(ボーカル)
  • 塩澤:小澤慎一郎(ギター)
  • 塩野:小野竜輔(ベース)
  • 塩チョ:西村ヒロチョ(サックス)

ただし、サックス担当の西村ヒロチョさん以外は楽器が演奏できないエアバンドであるため、小野さんはベースが弾いていません

ちなみに、ソリティーズの曲はYoutubeでも視聴することができます。

聴いてもらえばわかるように、割とガチでいい曲でクオリティーも高くて驚きます。

塩村さんの声と塩チョさんのサックスの雰囲気や誰が演奏しているのかわからないドラム演奏が印象的で、素敵な曲ですよね。

どことなく、「世界の終わり」の曲調に似ているように思えますし、しかもPVがめっちゃかっこいいため、芸人だけでなくバンドの方もブレイクしていくような感じもしますね。

ダイヤモンド(芸人)小野竜輔はアイドル「吉本坂46」にも挑戦

そして、小野さんは秋元康さんプロデュースで2018年8月に結成して話題になった、吉本坂46のオーディションにも応募されていました。

第四次審査まで進むことができたのですが、ギリギリ脱落してしまったようです。

第四次審査では、143名から113名のメンバーが選ばれる審査で水着審査などもあったのだとか。

ちなみに、小野さんが四次審査で応募した時の写真がこちらになります。

引用元:yoshimotozaka46vote.com

全部で5枚送るようで、残りに関してはこちらの「吉本坂46の小野竜輔さんの写真」のリンクを載せておきます。

なんというか、芸人というよりアーティスト感があって素敵な写真ばかりなんですよね。

まとめ:ダイヤモンド(芸人)小野竜輔

吉本興行所属のお笑いコンビ「ダイヤモンド」でボケ担当の小野竜輔さんがイケメンですよね。

お笑い以外にもバンド活動もされているようで、かなり曲もかっこよくていい感じなんです。

ネタ中は、相方の小澤さんに目が行きがちですが小野さんもよくみるとかっこよくてきになりますね。

広告