【画像】エドワード加藤の右腕の傷の原因は?逆にかっこいい!

フィットネスモデルやジムやアパレルとい筋肉ムキムキでイケメンハーフのエドワード加藤さん。

フィットネスアパレルブランド「LYFT(リフト)」をプロデュースしたり、Youtuberとしても活躍されていてすごいですよね。

さらに、ボディービルダーをされているということで鍛え上げられた筋肉がすごいのですが、右肩に大きな傷があることが気になるのではないでしょうか。

結構大きい傷で心配される方もいると思います。

この記事では、エドワード加藤さんの右肩の傷の原因についてまとめてみました。

エドワード加藤さんって何者?

この投稿をInstagramで見る

LÝFT(@lyft.official)がシェアした投稿

名前:エドワード加藤真人

生年月日:1992年8月30日

身長:177.5

血液型:B型

出身:愛知県名古屋市

イギリス人の父親と日本人の母を持つハーフです。

2015年7月(当時22歳)に「ACEGYM」のパーソナルトレーナーとして働いていました。

同年に開催されたベストボディージャパン名古屋という大会では、優勝されてからはパーソナルトレーナーとフィットネスモデルとしても活躍されるようになりました。

また、フィジークという体を見せる競技にお参加されています。

フィジークは、ボディービルと同じような競技ですが、筋肉の大きさではなく筋肉のバランスが評価されます。

ボディービルよりは筋肉は少なめですが、スマートでかっこいい体型が評価される感じですね。

2016年4月には、ACEGYMを退社しさらなるステップアップとして株式会社EDWARDを設立されました。

会社を立ち上げたと同時に、BEYOND GYM麻生十番北堀江をオープンさせたり、「B and Bサプリメント」の発売などフィットネスに特化したブランドを立ち上げました。

その後は、LÝFT(リフト)というフィットネスブランドのアパレルメーカーも経営されたりYoutuberとしても活動の幅を広げています。

エドワード加藤さんの鍛え抜かれた体ってすごくかっこいいですし、憧れますよね。

ただ、右腕に注目すると大きなキズがあるのですが、その傷の原因は何なのか気になると思います。

【画像】エドワード加藤さんの右肩の傷の原因は?

引用元:www.instagram.com

エドワード加藤さんの右腕の傷の原因は、20歳の頃に腕相撲で骨折したことが原因でした。

当時、エドワード加藤さんはイギリスの大学に通っていたのですが、一時的に日本に旅行で帰ってきて腕相撲大会に出場された時に骨折してしまったのだとか。

当時はミミズ腫れのようになっているので、骨折を治すためにボルトを入れる手術の縫った後なのでしょうね。

病院でもリハビリで半年は掛かると言われ、大学の留年も確定してしまって当時はかなり悩んでいたようです。

こちらが、当時の骨折後の写真になるのですが、全治3ヶ月で痛々しい姿であったことがわかります。

歩くのも大変だったようで、辛かったのでしょうね。

エドワード加藤さんの右腕の傷が逆にかっこいい!

エドワード加藤さんは当時の辛かった経験があったことが今はプラスに変えられるようになったとこちらのYoutube動画で話されていました。

8:00あたりからなんですが、「この怪我をしてよかった」と話していますね。

この怪我がなければ、日本に残っていなかったと思いますし今のエドワード加藤さんがあるのも怪我をして悩んだ結果なのでしょうね。

一見、ネガティブに思われる怪我でも「怪我をしてよかった」とポジティブなストーリーに変えるために努力されたのでしょうし、考え方も素敵ですよね。

腕の怪我をされた当時は、右腕が映る写真があまりなかったのですが、現在のエドワード加藤さんのインスタを見ていると、堂々と右腕の写真を公開されていたりします。

別に隠すわけでなく、堂々とされているのが逆にかっこいいですし憧れますね!

まとめ:エドワード加藤さんの右腕の傷

エドワード加藤さんって筋肉ムキムキでかっこいいですよね。

右腕の怪我については、20歳の頃に出た腕相撲大会で骨折したことが原因だったことがわかりました。

現在は、その怪我をしたことがきっかけでたくさんの事業や経験をされて素敵な男性になっています。

一見、怪我というとネガティブな印象を持ちますが、ポジティブに考えるあたりエドワード加藤さんって素敵ですし憧れますね。

広告