春や急な転勤などで引越しすると新しいところへの期待とワクワク感があります。
僕の場合だと、引越し前に電車と車を使って何度もマンションへの経路を確認したりしていましたね。
今回は、引越しで当日と事前にすることについてまとめてみました。

広告

引越しの1ヶ月前にやること

引越しの準備を具体的に始めていく時期ですが、次の転居先の調査や役所での手続き、荷造りの準備をしたりします。時間的にまだ余裕なので転居先に出向いたりするのもいいですね。

業者との連絡

1ヶ月前までには、引越し業者電気・ガス・水道大家さん、借りている駐車場のオーナーなどに連絡必要がありますね。
3月となると就職や進学などで混み合う時期になります。
引越し業者も忙しくなりますし、マンションの管理人も立ち会えない日も出てくると思います。

荷造りの準備

荷造りが始まる前に、荷物を詰めるダンボールを調達した方がいいですね。
ホームセンターに200円くらいで売っていますが、引越し業者の店に行けばタダでもらえたりします。

僕の場合は、3箱くらいタダでもらい足りない分をホームセンターで購入しました。

本や服とかは、この時点でダンボールに詰めてしまった方がいいですね。

そうすることで、ダンボールをどのくらい使うのかが分かります。
僕の場合は、当日ダンボールが2個位足りなくなったので困りましたね(^^)

ダンボール (段ボール) 120サイズ 10枚 45×35×33cm ダンボール箱 あす楽 引越し 梱包 収納 ダンボール箱 取手付 ダンボール 段ボール 120 段ボール ダンボール 引っ越し ダンボール 箱 段ボール ダンボール箱 引っ越し

 

引越し先の近辺を歩いてみる

特に僕の場合は、方向音痴なのでアプリを使いながら何度も転居先を歩き回りましたね。見知らぬ土地って、見える景色が全て新しいじゃないですか

そうすると、自分の住むところへの目印って探さないと不安になると思います。

また、病院スーパーホームセンターの場所も確認しておいたほうが不安を解消できると思うんですよ。
特にホームセンターって、地域ごとのゴミ袋やタンスの芳香剤など細々したものが当日必要になるので何度も行き来することになるんですよ!場所によっては、近場になかったりするので電車の路線も確認できればしておきたいですよね。

広告

引越し1週間前にすること

この時期からは、役所との手続きや荷物の梱包が忙しくなる時期ですね。役所の手続き自体は、そんなに時間が掛かりませんでしたが訂正されることも想定して早めにいくといいと思います。

転出届の準備

転出届とは、今住んでいる市区町村(住民票がある)から次の市区町村に引越しすることを示す手続きです。
新しく住む土地で、転入届という手続きする際に必要となるのでなくさないようにしましょう。
また、一般的には引越しの2週間前から3日前に手続きするので荷造りでバタつく前に済ませた方がいいですね。

荷造り

毎日使う物以外で、片付けられるものを整理します。冷蔵庫の食材も使い切ってしまうような感じだと楽だと思います。
僕の場合は、食器をこの時に全部も梱包しちゃいましたね。というのは、フライパンやコップ、皿などお惣菜割り箸などで代用が効くので問題ないと考えたからです。
この時には、テレビ台も梱包してテレビを直置きにしていましたね。

前日に残した方がいい物

前日は、最低限の生活必需品があればいいと思います。
間違って梱包して面倒なことにならないようにしたいですね。

【布団、部屋着、歯ブラシ、コップ、タオル、雑巾、ホウキ、チリトリ、ゴミ袋、風呂道具】

を残しておけば大丈夫でした!

クラフトテープ 粘着テープ 梱包テープニトムズ PROSELF クラフト粘着テープSE 1巻 PK-2370

価格:106円
(2017/2/4 00:44時点)

当日すること

前日に使ったものを梱包しちゃいますが、業者に荷物を持っていってもらった後、掃除をする必要があると思いますし掃除用具は残しておいたほうがいいですね。

あとは、電気・水道・ガスの業者でそれぞれ止める立会をして大家さんにカギを返却して終わりとなります。

また、向こう三軒両隣には挨拶した方いいかもしれませんね。
僕の場合は、一応伺いましたがどの家庭も留守だったので挨拶できませんでしたが^^;

まとめ:引越し

今回は、引越しの前にすることや当日のすることについてまとめてみました。
準備のタイミングで当日もやることがたくさんあると思いますので
是非参考にしてみてくださいね。

広告