【画像】小谷実可子の若い頃がかわいい!シンクロ時代はカルピスのCMにも出演

東京五輪・パラリンピック組織委員会の次期会長の候補として名前が上がっている小谷実可子さん。

若い頃は、オリンピックのシンクロナイズドスイミングの選手として活躍されていました。

今も当時も美人だと話題になっていたんですよね。

この記事では、小谷実可子さんの若い頃について紹介したいと思います。

小谷実可子のプロフィール|現在の活動

名前:小谷実可子(こたにみかこ)

本名:杉浦実可子(すぎうらみかこ)

生年月日:1966年8月30日

学歴:日本大学文理学部

小学生の頃からシンクロナイズドスイミングを習い、1988年に開催されたソウルオリンピックでは、ソロとデュエット(田中京とペア)で銅メダルを獲得されました。

1999年には、元陸上短距離選手で明海大学助教授を務めている杉浦雄策さんと結婚されています。

引用元:https://kaigo.news-postseven.com/

現役引退後は、2人のお子さんにも恵まれ、二児の母親という一面もあります。

現在は、スポーツ中継の解説や自然、動物に関するリポーターなどのお仕事もされていたり、スイミングの普及のために指導なども行っています。

東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダーとして活躍される一方で、シンクロナイズドスイミングのショーにも出演されています。

なんと、2016年には、アクアパーク品川で「メモリアルカウントダウンナイト2016-2017」のシンクロショーにも出演されていた。

引用元:https://sjgather.com/

現役当時と比べると筋肉量やスタイルは、「現役時代に比べると同じとは言えない」と話されていたのですが、体重や洋服のサイズは現役時代と変わらないのだとか。

そんな小谷実可子さんは、今もとても美人なのですが、若い頃も美人でかわいいということが話題になっていたんですよね。

【画像】小谷実可子の若い頃がかわいい!

小谷実可子さんの現役時代の写真を見つけることができました。

こちらは21歳の小谷実可子さんになるのですが、小麦色の肌やスタイルなどがまるで深田恭子のように似ているように思えます。

小谷実可子さんは、現役時代、朝から晩まで10時間以上、毎日練習に励まれていました。

1日で体重が2kgも落ちることがあったり、食事も1日5回で合計5000キロカロリーも摂取する生活を送っていたのだとか。

水泳では、浮力も必要になってくるため、当時は「無理やり口に入れるようにしていた」と話していました。

現役を引退してからは、人並みの食事量となったことで体重や筋肉量も減ったことから体重が変わらないのでしょう。

当時は、テレホンカードのモデルだったりやカルピスなどのCMにも出演されていたことがあったのだそうです。

小谷実可子のシンクロ時代はカルピスのCMにも出演

小谷実可子さんは、1993年にカルピスのCMに出演されていました。

こちらが当時出演されていたCMの動画になります。

イルカと一緒に泳ぐ小谷実可子さん、笑顔も素敵ですしかわいすぎますね!

当時は、小学生を中心にしたジュニア選手育成のための活動をされていたため、その活動に協力したいということで「カルピス」の広告出演が決定されたのだとか。

現役時代はずっとカルピスを飲んでいたということで、本人もCM出演に意気込んで望まれたのだそうです。

まとめ:小谷実可子の若い頃

小谷実可子さんは、現在もすごく美人で素敵ですよね。

現役時代と体重などは変わらないのですが、当時の小麦色の肌などはまるで深田恭子さんのようでした。

カルピスのCMにも抜擢されていて、当時の映像を見ると若い頃も美しかったということが伺えますね。

広告