【流れ星】瀧上の芸人以外のビジネスって何?不動産やオンラインホスト?

お笑いコンビ「流れ星」の瀧上伸一郎さん改めTAKIUEさん。

芸人として働く一方で実は、ご自身でビジネスを持っているのだとか。

相方のちゅうえいさんはドン引きしていると言われれているそのビジネスとは一体、どんなことをされているのでしょうか。

この記事では、流れ星の瀧上(TAKIUE)さんが芸人以外にされているビジネスについて調査してみました。

【流れ星】コンビでの活動

お笑いコンビ「流れ星」の2人は、テレビ出演やお笑いライブの他にYoutubeやグッズ販売なども積極的にされています。

また、「STAR CLUB」という月額330円のオフィシャルファンクラブも運営されています。

ファンクライブサイトでは、会員限定のチケットが購入できたり、最新情報などもゲットできるんですよね。

また、「星市場」というオンラインストアではオリジナルグッズも販売されグッズなども購入できるようになっています。

最近では、2019年9月から始めた公式Youtubeの更新などもされており、2021年2月時点で登録者数が12万人以上にもなっていました。

総再生回数が1300万再生のため、Youtubeの収益だけでもかなりいいかもしれません。

Youtube収益の目安:1再生あたり0.3円

ざっくり計算しただけでも、700万円くらいになっているのかもしれないですね。

しかも、流れ星が所属している事務所「浅井企画」なんですが、芸人さんにやさしくて「7:3」の割合で給料をいただけるのだとか。

それならかなり頑張りがいがあるわけですが、実はTAKIUE(瀧上)さんは芸人以外でのビジネスもされているのだそうです。

【流れ星】瀧上の芸人以外のビジネスって何?

流れ星のTAKIUEさんは、芸人以外にも副業を3つされています。

お笑い芸人だけでは、安定した収入が入ってこないため不労所得的な収入を得るために実業家としての一面をもっています。

相方のちゅうえいさんとは、ビジネスとお笑いの両立についてぶつかることもあるのですが、どのビジネスも本格的ですごいんですよね!

【流れ星】瀧上のビジネス1:不動産

瀧上さんは、2021年1月25日にブログでアパートの大家さんになったことを報告されていました。

物件は、千葉県松戸市にあるようで新築3階9室のアパートで松戸駅から徒歩8分ほどに場所にある物件で1Kで6万5千円なのだそうです。

しかも、バス・トイレ別でインターネット無料なうえに仲介手数料も無料という好物件なのだとか。

2021年2月14日時点で5部屋の入居が決まっているのだそうです。

6万円台で9部屋ということは、全部部屋が埋まれば毎月60万円くらいが入ってくる計算になりますね。

さすがにアパートの購入に関しては、銀行から借入を行い9000万円で購入したのだとか。

利回りなども計算したり、内装や外装のデザインなどにもこだわり、女性受けのいい物件に仕上げたのだそうです。

東京へのアクセスがいいということからアパート完成前から数名の入居も決まっているだそうで、スタートも順調そうでした。

【流れ星】瀧上のビジネス2:オンラインホスト

瀧上さんさんは、「CLUB SHOOTING STAR(クラブシューティングスター)」というZOOMを使ったオンラインサービスを2020年7月頃からされていました。

オンラインホストという10分間3500円で1対1で対面トークをすることができるサービスで毎週火曜日の夜に行っていたようです。

限定12名でチケット予約サイト「TiGET」でチケットが販売されていました。

特典として来店数に応じて、瀧上さんの名刺がもらえたようなんですよね。

ということは、3万円くらいを稼いでいたということなのでしょうね。

【流れ星】瀧上のビジネス3:太陽光発電機

また、瀧上さんは1基2000万円もする太陽光発電の権利を4つも保有されていることもわかりました。

ソーラーパネルで作った電力を電力会社に売って利益を生む仕組みになっていて、利回りが10%なのだとか。

8000万円くらいの投資で、年間約800万円(200万×4基)の収入が入ってくるのだそうです。

ということは、銀行さんに返す費用もあるのですが約10年くらいで元が取れる計算になりますね!

まとめ:流れ星の瀧上 

お笑いコンビ「流れ星」の瀧上さんがたくさん副業をされ実業家という一面を持っていることがわかりました。

芸人としての収入だけでは、浮き沈みがあるため瀧上さんなりに努力されているのだとわかりましたね。

太陽光発電だったりオンラインホストや不動産など、新しいことに挑戦するというのは見習いたくなりますね。

広告