渡辺直美のニューヨークの自宅の値段は?内装の写真がすごすぎる

女優や芸人などで、日本とニューヨークを行き来しお仕事をされてきた渡辺直美さん。

2021年3月いっぱいで日本を離れ、ニューヨークで活動をされることになりました。

アメリカに移住することに伴い、自宅を購入されたとのことなのですが、内装がキレイでかなりお値段が高いのだとか。

この記事では、渡辺直美さんのニューヨークの自宅についてまとめてみました。

【画像】渡辺直美さんのニューヨークの自宅の内装がすごい

2021年4月から日本を離れ、活動拠点をアメリカに移すことにされた渡辺直美さん。

2019年頃からコツコツと準備をされてこられたと同時に、ニューヨークに自宅を購入されました。

「一文無しになった」と全財産をはたいて購入されたご自宅に関しては、2020年8月11日放送の「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」で初お披露目されていました。

こちらが、渡辺直美さんがニューヨークで購入した家の内装になります。

アイランドキッチンや真っ白な壁紙などシンプルなデザインで1人暮らしするには十分すぎる広さだなあと感じます。

また、2020年8月時点では改装中とのことで自分好みのお部屋にするために、改装業者さんにお願いされていたのだそうです。

番組では、改装後のお部屋のイメージを公開されていました。

インテリアもホワイトやターコイズブルーといった色に統一されていて、椅子もたくさん並んでいるところを見ると、人も来やすそうな感じの雰囲気でした。

かなり値段もしそうな物件でどのくらいの値段がかかったのか気になりますよね。

渡辺直美さんのニューヨークの自宅の値段は?

渡辺直美さんがニューヨークで購入された家の値段については、おそらく2億円くらいになるのではないかと思います。

ニューヨークに物件探しに来た時に、物価の高さに驚いたことがあったようで「クソ高ぇすよ」と番組で話していました。

なんとニューヨークでは、一人暮らし用の家というのはないらしく、最低でも家賃が50~60万円ほどするのだそうです。

そして、なんとなくいいなあと思った家でさえ70億円もするというのだから、物価も日本とは比べられないほど高いことがわかります。

ニューヨークは、世界一家賃が高いところということが言われており、安くても築50年以上で30万円などが当たり前なのだとか。

それでも、やっぱり物件を見る限りでは新しい感じがしますし、お金が掛かっても住みやすい場所を選ばれたのではないかと思うんです。

ニューヨークと言えど、広いのですが渡辺直美さんはニューヨークのどのへんに住んでいるのでしょうか。

渡辺直美さんのニューヨークの自宅の場所はどこ?

引用元:https://4travel.jp/travelogue/11052007

渡辺直美さんは、おそらくニューヨークの中でも日本人など移民が多い地域のクイーンズという場所に住んでいるのではないかと思います。(推測ですが)

ニューヨークは、5つの区「ブルックリン、ブロンクス、マンハッタン、クイーンズ、スタテン島からなっているのですが、日本で言うところの1ルームタイプだと2600ドル(約27万円くらい)が相場なのだとか。

各地区の相場をざっくりと調べてみたのですが以下ののようになりました。

マンハッタンの家賃相場:2000~4000ドル(21万~42万)

ブルックリンの家賃相場:1500~3000ドル(16万~32万)

クイーンズの家賃相場:1500~3000ドル(16万~32万)

ブロンクスの家賃相場:【データなし】

スタテン島の家賃相場:【データなし】

データがなかったブロンクスは、治安が悪いイメージでヤンキースタジアムやブロンクス動物園など以外、用事がなければいかないと言われている地域なのだとか。

また、スタテン島は船でマンハッタンまで行かなければならないため、ここに住むというのはあまり考えられないとも言われていました。

そのため、この2つの地区に関しては移住してまでは住むとは考えにくいです。

家賃のことや住みやすさ考えると、クイーンズという場所がニューヨークの中でも面積が大きく、移民の方が多く住んでいる地域になります。

クイーンズは、有名な観光スポットは少ないものの日本人が一番住んでいて馴染みやすい街だとも言われているため、おそらく、渡辺直美さんもクイーンズ区を選んだのではないかと思いますね。

渡辺直美がニューヨークで活動する経緯

引用元:https://www.instagram.com/

渡辺直美さんがどうして、ニューヨークで活躍しようと思ったかというと

2014年5月に3ヶ月ほど、「芸人としての幅を広げたい」という思いから、アメリカに留学されてたことがありました。

語学の勉強と当時ネタとしてされていたビヨンセのダンスのためというのが理由なのでしょう。

ビヨンセのバックダンサーを務めていた一流のダンスレッスンを受けたり、ナイトショーなどにも通って表現力を磨きました。

そして、2016年10月の芸歴10周年目には、「Naomi Watanabe WORLD TOUR」というワールドツアー公演をニューヨーク、ロサンゼルス、台北などで披露し大成功されています。

引用元:https://www.cinemacafe.net/

日本では、ドラマ「カンナさーん」に女優として活動されたり、ファッションブランドの立ち上げなど活躍されてこられ順調でしたよね。

ただ、40歳までにやりたいことを考えた時に、アメリカでエンタメを学ぶ必要があると感じたことがきっかけでニューヨークを拠点に活動することを決めたのだそうです。

「向こうで仕事をするためにはアメリカのエンタメを学ばなきゃいけないので、向こうでの仕事の地位も作って基盤づくりを35までにやりたい。40歳までには主演のコメディーの映画をやりたい」「主演のコメディーで賞を獲りたいです」

引用元:Yahooニュース

まとめ:渡辺直美のニューヨークの自宅

渡辺直美さんのニューヨークの自宅がすごくオシャレでかっこよかったですよね。

ニューヨークの相場などを調べてみるとかなりお高めであることがわかりました。

広告