2月4日放送に放送された有吉反省会に石原軍団の池田努さん出演されましたね。
美術大学に在学されていたいう池田さんの自画像のすごいうまいんです!
今回は、池田さんのプロフィールと腕前について書いていきます。

広告

池田努のプロフィール

本名:池田努(いけだつとむ)
生年月日:1978年12月17日
出身地:神奈川県
身長:180cm
特技:絵画、乗馬、サッカー、殺陣/空手/居合/杖道(古武道歴10年)
趣味:読書・映画鑑賞
石原軍団サイト:http://www.ishihara-pro.co.jp/actor/ikeda/

池田努

元々は、多摩美術大学油絵学び将来画家を目指していたそうですね。
ただ「21世紀の石原裕次郎を探せ!」という新人発掘オーディションで最終選考の10人に残り、グランプリに残らなかったのですが石原プロにスカウトされ役者の道へ進み石原軍団の一員となりました。

池田努は結婚している?

180㎝という高身長でイケメンの池田さんは彼女や結婚ってあっても不思議じゃないですし、すごいモテると思うんですよね。

そこで調べたところ、どうやら独身のようですね。付き合っている彼女くらいはいそうな気がしますが彼女についても噂がないです。

おそらく、絵に腕前がすごいですから夢中になってしまってできないのかもしれませんね。

広告

池田努の絵の腕前

芸術大学に在学していたということで絵がものすごくうまいんですよ。
過去に成山画廊という千代田区エリアにあるギャラリーで展示会を開くほどの腕前。
また、公式サイトに自身の絵をアップしているようですね。
拝見したところ、ファンタジックな表現というんでしょうかね?想像力がすごいなあと関心させられます。

公式ページのギャラリー:http://tsutomu1217.tumblr.com/archive

有吉反省会で紹介された自画像

公式ギャラリーにもアップされていますが、自画像がトリッキーなんですよね。
今回紹介された絵が2つとも裸で描かれています。その理由が

役者でいつも役を着飾っている

その役を脱いで服も脱いで全部脱いで、果たして何が残るのか?

自分の中の闇を描いたらどうなるのか

を表現しているからだそうです。

池田努
やはり、役者と画家をしている努さんだからこそ描けるのだと思いますね。そして、池田さんからすると何やら有吉さんにも闇を感じるということを話されています。

池田努

池田努さんが描いた有吉さん

今回有吉反省会の為に絵も描いてきたということで番組内で紹介されています。結構クオリティが高いですが、池田さんの表現力がすごいんですよね。

有吉さんが笑顔で頭蓋骨を笑顔で持っていて、なぜかウーパールーパーナイフが飛んでいるという想像力がすごいと思いましたね。

池田努

有吉自画像の説明

有吉さんといえば、猿岩石で旅をしてブレイクしその後芸能界から姿が見えなくなり復活したという経緯を持っています。

その経緯からこの頭蓋骨は、有吉さん自身の死他人の死を手中に収め高らかに笑っているということだそうです。
また、ウーパールーパーは自身の中にあるユーモアの化身を表現したのだそうです。

有吉さんのツッコミのようになぜ、パンダとか犬猫でないのかということがすごく納得して笑いましたね。たしかに(^^)

池田努
ナイフは、縦横無尽に社会や人を裁くということです。

説明があると納得いきますが、初見だと笑いしか出ませんね。

また、有吉反省会の禊(みそぎ)で『自画像通りの写真を取る』ということが近日公開ということなので楽しみにしたいと思います。

池田努

まとめ:池田努さん

今回は、石原軍団の池田努について書いてみました。イケメンで絵がうまい方ですし表現力がトリッキーで想像力豊かな方なのだと思います。近日、自画像の写真がアップされることが待ち遠しいですね。

広告