【画像】横浜流星の銀髪がかっこいい!地毛に染めったのは本当?

俳優の横浜流星さんの髪が銀色になっていることが話題になっていました。

横浜さんといえば、ドラマでピンクにしたり長髪したりと髪型に関して度々話題になりますよね。

今回の銀髪は「地毛に染めた」との噂があるのですが本当なのでしょうか。

この記事では、横浜流星さんの髪型について銀色に染めた理由などを紹介します。

【画像】横浜流星の銀髪がかっこいい!

2022年公開の映画「嘘喰い」の主人公を演じることとなった横浜流星さん。

公開が決まったことに伴い、早くも銀色のヘアカラーになったビジュアルが公開され話題になっていました。

主人公の斑目貘(まだらめばく)が銀髪ということで、ヘアカラーを変更されていましたがかなり似合っていましたね。

ドラマ「初めて恋した日に読む話」ではピンク、舞台「巌流島(がんりゅうじま)」ではロン毛姿、ドラマ「着飾る恋には理由があって」では短髪ヘアなど。

どのヘアスタイルも似合っていましたがシルバーカラーがかなりマッチしていたように思えました。

派手髪ということもあって、「本当に染めたの?地毛なの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

横浜流星の銀髪は地毛に染めったのは本当?

横浜流星さんの銀髪に関しては、地毛に染めたということがわかりました。

原作の主人公が銀髪がトレードマークということで、気合を入れるために自ら地毛に染めたのだとか。

銀髪ということで、「維持が大変」ということを話していました。

おそらく、髪を何度かブリーチ(脱色)しているので、髪が傷んでいる状態なのだと思います。

ムラサキシャンプーだったり、ヘアオイルなどを普段使用してケアされているのだと思いますが、長期間に渡って銀色をキープするってかなり大変なんですよね。

ましてやこの当時って、川口春奈さんと共演されたドラマ「着飾る恋」にも出演されていらっしゃいました。

おそらく、この時ウィッグ疑惑も出ていたので銀髪を隠すために被って撮影に望んでいたのかもしれません。

カツラを直すかのような仕草があったのでおそらく、ドラマではウィッグだったのでしょうね。

ということは、ブリーチしてさらにウィッグで蒸れた状態だったとするとさらにケアが大変だったのでしょうね。

【世間の反応】横浜流星の銀髪

まとめ:横浜流星の銀髪

横浜流星さんの銀髪姿が話題になっていました。

調べてみると、映画「嘘喰い」の主人公を演じるということで銀髪にされたのだとか。

どうやら、地毛に染めているということなのでかなりケアが大変だったのでしょう。

やっぱりどのカラーも似合いますし、明るいカラーが合うのでしょうね。

広告