【青山祐子】現在の活動は?育休エピソードとセレブ生活がすごい!

元アナウンサーの青山祐子さん。

かつては、NHKの「サンデースポーツ」「ニュースウォッチ9」などのメインキャスターを勤めていらっしゃいました。

現在は、アナウンサー業界から離れメディアへの露出は少なくなりましたがどうしていらっしゃるのか気になるところ。

この記事では、青山祐子アナの現在の活動や育休エピソードについて紹介します。

【青山祐子】アナウンサーとしての経歴

名前:青山祐子(あおやまゆうこ)

生年月日:1972年12月27日

出身:広島県廿日市市(はつかいちし)

青山祐子アナは、1995年にNHKをに入局し、「ニュースウォッチ9」「サンデースポーツ」などのメインキャスターとして活躍されちました。

トリノオリンピック、アテネオリンピック、北京オリンピックでもキャスターを担当されていたり、NHKの顔という印象がありましたね。

活動期間は、1995年から2019年までで惜しくもNHKを退局されてしまいました。

実はNHK時代なんですが、育休制度を使って7年ほど休職されていた期間があるので実質2012年までしか活動をされているわけではありません。

【青山祐子】結婚と7度の育休エピソード

青山アナは、2011年1月に医療福祉関連会社を経営する1歳年下の谷元樹(たにもとき)と結婚されました。

谷さんは帰国子女で、医療福祉系企業グループの役員ということで当時「セレブ婚」ということが報じられています。

港区にある家賃130万円の超高級マンションに住んでいるとの噂もあり

披露宴には、長嶋茂雄さんや王貞治さんなどの大物も出席されていたのだとか。

その後、青山さんと谷さんとの間には4人の子供を授かります。

2012年3月:長男

2013年6月:長女

2015年7月:次男

2017年2月:次女

5年の間に4人誕生ということで、NHKで7年ほど育児休暇と復帰を繰り返していました。

ただ、2019年1月13日に理由は明らかになっていませんが、「退局する意向」が報じられました。

子育てとの両立もあると思いますが、お仕事から7年ほど離れていたため復帰が難しかったのだと思います。

実際、旦那さんの稼ぎだけでも十分だとは思いますもんね。

その後は、フリーアナウンサーという肩書になっていたのでアナウンサーを辞めたというわけではないようです。

それでは、青山祐子さんの現在の活動について紹介します。

【青山祐子】現在の活動|旦那さんとセレブ生活ですごい

こちらの画像は、2020年5月8日にBS日テレ「深層NEWS」という番組に約8年ぶりにテレビに出演された際の写真になります。

青山祐子さんは、今でもアナウンサーという肩書きをお持ちのためフリーアナウンサーとして活躍されているようです。

また、2020年5月15日にはYoutuberデビューを果たしていて読み聞かせなどの動画をアップされていました。

ただ、チャンネルはあるものの動画は削除されていました。

どうやらその後は、旦那さんのお仕事の関係で香港に住んでいるらしく、お子さん4人と共に暮らしているのだとか。

なんと、驚くことに第二子が誕生した2013年頃から香港に住み始めていたのだそうですよ。

詳しい内容については、2021年7月7日に放送のバラエティ番組「今夜くらべてみました」で明らかになるようです。

どんなお姿になっているのか、どんなお部屋に住んでいるのか気になりますが当日の放送で分かり次第追記しますね。

まとめ:青山祐子の現在

元NHKアナウンサーの青山祐子さんは、2012年に結婚し2019年にNHKを退局されました。

現在は、セレブ生活を送っているようで香港に移住されていたことがわかりました。

どんなお姿になっているのか楽しみですし、分かり次第追記しますね。

参考になれば幸いです。

広告