【東京五輪】小山田圭吾の代役の候補まとめ|後任と噂される曲も紹介

東京五輪の楽曲を担当されていた小山田圭吾氏の辞任にともない代わりになる曲が何になるのか注目されていました。

オリンピック開幕の直前での辞任決定に、代役の方が誰になるのか注目している方も多いのではないでしょうか。

実は、ネット上で小山田圭吾さんの代役の方の候補が何人か上がっているんですよね。

この記事では、東京五輪で小山田圭吾さんの代役と噂されている後任の候補について紹介します。

【東京五輪】小山田圭吾の辞任報道

2021年7月19日にミュージシャンの小山田圭吾氏が東京オリンピック開会式の作曲担当から辞任することが発表されました。

小山田圭吾氏は、不適切な発言だったり学生時代に起こしていた同級生へのいじめ問題が不謹慎ということから交代することになったというものでした。

これをうけ、小山田氏のホームページには以下のように謝罪文を掲載。

多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます

引用元:東スポ

7月23日に開会式が始まるということや開幕が1年された背景から「もっと早い対応がなかったのか」とオリンピック組織委員会も反省をしているとのことでした。

小山田氏の後任については21日時点で「後任はまだ考えていない」とのことも報道され話題なっています。

【東京五輪】小山田圭吾の代役の候補まとめ

小山田氏が辞任ということで、「急ピッチで代役を頼むのか?小山田氏の曲は使うのか?」などさまざまな対応策が考えられています。

今後、どうなるのかは今後注目される課題だと思うのですが、代役曲は急ピッチで対応しなければならないと思います。

実は、ネット上では「この人の曲でいいじゃん」といった声や後任の立候補などの声も話題になっているんですよね。

小山田圭吾の代役候補:松平健

小山田圭吾さんの辞任に伴い一番声が上がっていたのが松平健さんでした。

松平健さんの代表曲「マツケンサンバ」がTwitterでもトレンド入りするほどで暗い雰囲気を脱却してくれるのでは?との声が上がっていました。

下手な演出や音楽を使うよりだったら、マツケンサンバで楽しく騒いだ方が印象がいいということなのでしょうね。

ただ、松平健さんといえば「暴れん坊将軍」ということなので、暴れん坊っというのがちょっとだけ引っかかる感じもしますね。

小山田圭吾の代役候補:岡崎体育

もうひとり、小山田氏の後任として声がが上がっていたのがミュージシャンの岡崎体育さんでした。

7月20日にTwitterで「岡崎体育といいます。体育です」というツイートが7万いいねが付くほどトレンド入り。

名前が「体育」ということもあってオリンピックに適しているということがネット上でも話題になっていました。

岡崎体育さんなら、「短期間でそれっぽい曲に仕上げてくれるだろう」との期待の声も上がっているということから反響が高かったのでしょうね。

かなりの人数から支持されているとのことで、もしかすると本当に後任になるのではと噂されています。

小山田圭吾の代役候補:近田春夫

小山田氏の辞任後に立候補を表明したのがミュージシャンの近田春夫さんでした。

近田春夫さんは「オリパラ音頭2021」という曲を2020年3月に作成しており、オリンピック組織委員会に自身の楽曲をメールをしたとのことでした。

今のところ、返信はないようですが確かに楽曲を聴いてみると明るい雰囲気だったり日本っぽくていいんですよね。

ネットだけでなくテレビでも報道されていたので知名度もこれから高くなるのではないでしょうか。

【東京五輪】小山田圭吾の後任と噂される曲も紹介

先程紹介した方の曲の中から、オリンピックの開会式の曲として後任の噂がある曲についても紹介します。

まとめ:小山田圭吾の後任

オリンピック開会式の曲を担当されていた小山田圭吾さんの辞任に伴い後任の曲について注目されていました。

実はネット上でも何人か候補が話題になっていました。

誰になるのか?小山田圭吾さんの曲を使うのか?

さまざま考えられますし今後も注目されるでしょうね。

参考になれば幸いです。

広告