【久保建英】Kポーズの元ネタや意味は『友人の名前』?かみこと同じ?

サッカー日本代表の久保建英選手がゴールを決めた際に見せる「Kポーズ」が話題になっていました。

実は、このポーズなんですが久保英(くぼ)のKを示すわけではなく『友人の名前』がモチーフとなっていたことがわかりました。

オリンピックの前から話題になっていたポーズなのですが、元ネタや意味について気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、久保建英選手がゴールを決めた時に見せるKポーズの意味や元ネタについてまとめてみました。

【久保建英】Kポーズが話題

ワールドカップやオリンピックなど、U-15から注目され現在もなお活躍されている久保建英選手。

ゴールを決めた際に見せる「Kポーズ」が話題になっていました。

Kポーズは、右の人差し指を立てて、左手をVサインを出して左にひねる感じで作るようです。

意外と、腕が柔らかくないと作るのが難しいのですが、ちょっとやってみたくなりますよね。

実はあの「Kポーズ」なんですが、久保選手のイニシャルから来ているわけではないんですよね。

多くの方は、自分のイニシャルだと思って見ていると思いますが実は久保選手の友人の名前から来ているのだとか。

【久保建英】Kポーズの元ネタや由来は『友人の名前』

実は、久保建英選手が見せる「Kポーズ」なんですが、チームメイトの山田康太(こうた)選手のイニシャルから来ていることがわかりました。

どうやらきっかけは、2020年7月9日に久保選手が特典を決めた際にKポーズをしたのが最初のようです。

実は、次の日の2020年7月10日は山田康太さんの誕生日だったようでお祝いするためにテレビに向けてこのポーズをしたのだとか。

こちらが、その当時に山田康太さんに向けられたKポーズになりますね。

横から見るとばつ印のように思えますが、カメラに向けてポーズを披露されていることがわかります。

後に、山田康太さんもこのポーズを見てかなり嬉しかったようでツイッターに以下のように書き込みをされていました。

チームメイトからの贈り物って素敵ですし、二人の仲の良さが伝わってきます。

実はこのポーズ、久保建英選手以外にも同じポーズをされている方がいらっしゃるんですよね。

【久保建英】Kポーズがアンジュルムのかみこと同じ?

アンジュルムの「かみこ」こと、上國料萌衣(かみこくりょうもえ)さんも同じポーズをされていたことがわかりました。

ただこのことについては、2021年6月23日のヒルナンデスでされたポーズでアナウンサーの方からの「やってほしい」ということでされていたようです。

この当時は、かみこのKで「かみこポーズ」と呼ばれ話題になっていました。

決して匂わせなどではありません。

アンジュルムでチェキなどを撮る際にさまざまなポーズをされるのですが、ポーズの1つということでファンの間でもポーズのリクエストをもらうこともあるようですよ。

まとめ:久保建英のKポーズ

サッカー日本代表の久保建英選手のKポーズが話題になっていました。

すごく親しみやすく真似しやすいポーズでしたよね。

久保選手のイニシャルではなく山田康太選手のイニシャルだったとは驚きました。

参考になれば幸いです。

広告