【画像】石川佳純がかわいすぎる!ノーメイクですっぴんでも美人すぎ

東京オリンピックでは、卓球の個人競技などでメダルに輝いた石川佳純選手。

試合中は基本的にすっぴんであることが多いのですが、メイク姿がかわいいと話題になっていました。

最近に至っては女優さんも顔負けするほど美人ということでも注目されている美貌なんですよね。

この記事では、卓球の石川佳純さんについて幼少期から現在に至るまでの変化を時系列で紹介します。

【画像】石川佳純がかわいすぎる!

引用元:https://twitter.com/

名前:石川佳純(いしかわかすみ)

生年月日:1993年2月23日

出身:山口県山口市

所属:全農、木下アビエル神奈川

石川佳純のInstagramはこちら

ロンドン五輪(2012年)、リオデジャネイロ五輪(2016年)、東京五輪(2021年)などで卓球のシングルスや団体などで活躍されている石川佳純選手。

両親2人ともに元卓球選手ということもあって、小さい頃から卓球をされてきました。

小学校1年生の頃から地元のクラブで練習をし始め、2005年に出場した全日本卓球選手権では「愛ちゃん2世」とも呼ばれ知られるようになります。

そんな卓球一筋の石川佳純さんなんですが、「メイク姿がかわいい」ということも密かに注目されているんですよね。

2017年に公開されて話題になった映画「ミックス。」で、石川選手本人役として出演された時には、ガッキーに引けを取らないほど美人だと話題になったことも。

こうして、並んでもまるで女優さんやアナウンサーにいてもおかしくない美貌の持ち主だということがわかります。

石川佳純さんは、2020年2月頃からスキンケアブランド「SK-Ⅱ」をスポンサーに迎えていて

テレビ出演や撮影時に、メイクをした姿も話題になる時もあるのですが、かなり美人さんであることがわかります。

取材などの時には、プロのヘアメイクさんにスタイリングしてもらったとのことですが、こうしてみると石川選手ってガッキーや北川景子さんのように見えますね。

石川佳純はノーメイクですっぴんでも美人すぎ

石川佳純選手は、卓球の試合中だとほとんどすっぴんに近い薄化粧での望むようです。

ノーメイクでインタビューに答えることもあるのですが、素のままでも化粧してるんじゃないかと思えるほどキレイな顔をされていることがわかります。

普段はメガネを着用されているようで、試合中などはコンタクトをされているのだと思いますが、フレーム越しにもかわいさが伝わってきますね。

そんな石川佳純さんは、小さい頃からテレビの取材にも答えてきていたので、幼少期の頃の写真も見つけることができました。

【時系列】石川佳純の幼少期から現在に至るまでの変化

現在の石川佳純さんは本当美人でかわいいのですが、小さい頃からかわいいということも注目されていたようです。

ショートカットであることが多かったようで、ボーイッシュな一面も持っているということがわかりました。

まずは幼少期の石川佳純さんから振り返ってみたいと思います。

石川佳純の幼少期

石川佳純さんの幼少期の頃の写真を見つけることができました。

小さい頃から運動神経がよく、3歳の時には自転車を乗りこなすほどだったようです。

1歳の頃から反射神経を鍛えるために、ご両親特性の漢字カードを使って読み方を瞬時に答える訓練もされていたのだとか。

また、ご両親が卓球選手だったこともあり、自宅を改装して卓球の練習場にするほどの熱の入れようだったのだそうですよ。

写真からわかるように、表情も明るく元気な女の子だったことが伺えますね。

石川佳純の小学生時代

そして、こちらが小学校のときの石川佳純選手の写真になります。

卓球を始めた頃から注目されていてテレビの取材でも「第2の愛ちゃん」として注目されていました。

番組にも天才卓球少女として取り上げられることもあって、小学4年生の時には地元の高校生と一緒に練習をすることもあったのだそうです。

こうしてみると、小学生らしく元気ハツラツな女の子ということが写真から伝わってきます。

この時もやっぱりかわいいですね!

石川佳純の中学生時代

こちらが、中学生時の石川佳純選手の写真になります。

この頃になると、全日本選手権ベスト4などの成績でテレビでも「卓球界のニューヒロイン」として注目されるようになりました。

中学生にして、親元を離れて山口から大阪のミキハウスの寮に住み、練習されるようになりました。

この頃は、オシャレよりも練習に精を出していたようで学生服とスポーツウェアしか持っていなかったのだとか。

卓球漬けの毎日だったようですが、持ち前の明るさがあるからかスポーツウェア姿もこの頃から様になっていますね。

石川佳純の高校生時代

そしてこちらが、四天王寺高等学校時代(2010年)の写真になります。

この頃になると、今の石川佳純さんの顔立ちが出来上がっている感じがしますね。

中学校から引き続き、寮での生活が続き卓球に打ち込む日々だったようで、インターハイでも3連覇するほどの実力もついていきました。

ロンドンオリンピックも見据えていて、日本代表になるにはランキング上位2名のみということもああって、普段よりも倍以上も練習に打ち込み、見事出場権も獲得されました。

こうしてみると、今の石川選手って高校生くらいのときの顔から変わらず若々しいですよね。

まとめ:石川佳純がかわいい

卓球の石川佳純選手がかわいいと話題になっていました。

メイクしてもすっぴん時もかわいいという噂は本当であることがわかりましたね。

調べてみると幼少期から高校生くらいにかけて可愛かったこともわかりました。

参考になれば、幸いです。

広告