【真犯人フラグ】考察されている6つの『怪しい伏線』をまとめてみた

西島秀俊が主演で話題のドラマ「真犯人フラグ」。

主人公以外の家族が全員失踪してしまうことから始まるドラマなのですが、登場人物が全て怪しく見えることで注目されています。

第1話から怪しいと話題になっていることがあり、SNS上でも考察されている方がたくさんいらっしゃいました。

この記事では、ドラマ「真犯人フラグ」の考察の中で怪しいと話題になっている6点についてまとめてみました。

【真犯人フラグ】考察されている6つの『怪しい伏線』

2021年10月10日から放送が開始されたドラマ「真犯人フラグ」には、怪しいと思われるシーンが数多く登場しています。

ドラマ「あなたの番です」と同じく2クールで放送されるのですが、すでに第1話から怪しい点が満載なんですよね。

ここから、怪しいと噂になっている点を6つ紹介していきます。

考察の助けになれば幸いです。

【真犯人フラグ】考察1:バーの住所検索がおかしい

相良凌介は、家族(相良真帆、相良光莉、相良篤斗)が失踪した夜、同級生の日野がオープンさせたバーに行くことにしました。

相良は、バーに向かうためグーグルマップのようなものでバーがあるという場所を検索する描写がありました。

検索窓には、【東京都世田谷区多田5-12-1】となっています。

『タクシーで10分ちょいか…』

と一言をつぶやき、あたかもバーの場所のように見えますよね。

ですが、事前にメッセージをもらった住所とは異なる場所を検索されています。

これが日野のバーの住所になるのですが、【神奈川県横浜市都筑区多田5-12-1】となっています。

神奈川にあるお店なのに、どうして東京の住所を検索していたのでしょうか?

しかも「多田5-12-1」というところは同じですし、間違って検索したとしてもわざわざドラマの1シーンにするのには何かしらの意味があるのかもしれません。

もしかすると、東京の住所というのは職場の可能性も考察されていますが、自分が勤めている会社と自宅からの距離って、出勤を毎日しているのに検索するでしょうか?

なぞです。

【真犯人フラグ】考察2:カバンが無くなっている

バーに行くことにした相良なんですが、連絡を確認した後で会社のカバンに手を伸ばしているシーンが描かれていました。

無造作に置いたカバンをしまってからバーに向かおうということなのか?

出かけるということでカバンを持って外出しようということなのか?

このカバンのシーンは一瞬で次のシーンでは、日野のバー「至上の時」に到着するシーンに切り替わりました。

ところが、その手には、カバンがありません。

家族に仕事から帰宅してでかけたことがバレないようにカバンを持ち出したのだろうと思いますが、カバンの行方がわからないことが気がかりですよね。

部屋のどこかに隠したのか?それともバーに行く前にどこかに置いてきたのか?

カバンの行方が気になりますね。

【真犯人フラグ】考察3:相良がサッカーに無関心?

相良凌介:えっ?すごいんだ10番

相良真帆:ウソ知らなかったの?

冒頭のシーンになるのですが、相良家が建築中のマイホームを視察に来るシーンで、相良の気になる一言にも注目されています。

なぜか、愛する息子がサッカーでエース番号10番を取ったこと、そして10番についてわからなかったことです。

自分の息子がサッカーをやっているのであれば、なぜこのタイミングで知ることになったのでしょうか?

幸せな家庭であれば、もっと前に知っていてもおかしくないような気がします。

【真犯人フラグ】考察3:菱田朋子の息子がいじめられている?

相良家は、菱田(ひしだ)家と子供が同級生ということや同じ団地に住んでいるため家族ぐるみの仲のようです。

菱田朋子(ひしだともこ)さんと息子の清明(きよ)君に、事情を聞くシーンなのですが、なぜか清明君はうつむき気味

そして、学校での1シーンが描写されています。

相良篤斗:エリンギサンタ ダ~イブ!

菱田清明:エリンギサンタ ダ~イブ!

学校でも流行っているのかエリンギサンタダイブという遊びのシーンで、篤斗君を先頭に階段からジャンプして、最後に清明がジャンプしています。

このシーンは、無邪気な子供の遊びという感じ見えますが、清明君がいじめられているようにも思えるシーンでもあるんですよね。

また、清明君は右足を痛めているようにも思えました。

もしかするとこれって、サッカーのエースを足の怪我によって篤斗君に取られたということを意味しているかもしれません。

もし、いじめがあったとするなら菱田家が何か事件に関わっているのかもしれないですね。

【真犯人フラグ】考察4:菱田朋子の連絡先が入っている

相良凌介の連絡先には、なぜか菱田朋子の連絡先がフルネームで登録されています。

菱田朋子さんの設定を覗いてみると【相良家と同じ団地に住むシングルマザー。真帆のママ友】となっていました。

学校やサッカーの繋がりで、建前で連絡先を入れていたという可能性もありますが、フルネームということで怪しいという声も上がっていました。

凌介との関係も何か過去にあったのかもしれませんし、なぜか凌介に話しかけられた後に顔が曇っていたのも怪しいですよね。

【真犯人フラグ】考察5:スマホの連絡先の「日代和美」という人物

光莉

光莉高校

菱田朋子

日代和美

先程のスマホの連絡先の件で、もう一つ気がかりな点が「日代和美」という登録名です。

上記の2つに関しては、相良家の長女である光莉の高校の連絡先と光莉の連絡先。

3つ目は、菱田朋子さんの連絡先。

ということはわかるのですがなぜか、アップのシーンで「日代和美」という名前がちらっと描写されています。

凌介のスマホにはかなり多くの登録があるのですが、この人物に関してはドラマの相関図や登場人物などに書かれていません。

ヒントになることなのか?それとも今後出てくる人物なのかは不明です。

でもわざわざアップにするということは、何かあるかもしれませんね。

【真犯人フラグ】考察6:電車のシーンで盗撮されてる?

本木陽香:先生、もうひどいですよ。酔っ払って駅に放置とか、らっきょうどうしました?持って帰りました?

相良凌介:どちらさまですか?

相良が親友で記者の河村俊夫に家族が失踪した当日の状況について聞いたところ、変わったことがあったということを話しています。

午後9:32に電車を降りたところで人違いにあったというもの。

生駒ちゃんが演じる本木陽香(もときはるか)という方から、見に覚えのないことを聞かれていました。

人違いだとすれば、すぐに見てわかるはずなのに肩を引き寄せて急接近しているのは不自然に思えました。

さらに、スマホ画面が2人に向けられているようなシーンも気になります。

もしかすると、誰かがスキャンダル目的で、生駒ちゃんを相良に近づけていたということなのでしょうか。

まとめ:真犯人フラグの怪しい伏線

ドラマ「真犯人フラグ」では、登場人物が全員怪しいということから考察が色々出ていましたね。

おそらくまだまで出てくるのは間違いないでしょうが、まとめた6点だけでもかなり伏線が多いことがわかります。

展開がどうなるのか楽しみですし、考察が参考になれば幸いです。

広告