【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】アニメ・映画の配信サービスを紹介

2018年にテレビアニメ版が放送され、劇場版にもなった作品「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。

主人公が代筆屋として成長していく物語で”泣けるアニメ”として話題になっていました。

アニメ版(全14話)、外伝(映画)、劇場版と次々に続編も放送・公開がされていて気になっている方もいらっしゃると思います。

この記事では、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のアニメと映画の配信サービスについてまとめてみました。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の配信サービス

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が配信されているサービスについて、動画配信サービスを利用することで視聴することができます。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のアニメと映画が配信しているサービスは以下の通りです。

動画配信サービス 配信状況
Amazon プライム
Netflix
U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS △(レンタル)
Paravi ×

公式サイトでも明記されていましたが、Netflixさん限定であることがわかりました。

TSUTAYA DISCASと呼ばれるDVDのネットレンタルでも3作品全て載せてあることがわかりました。

おそらく、手っ取り早く見たいという方であれば登録だけで済むネット配信の方がいいかもしれませんね。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の動画配信サービスの中でおすすめ

アニメに関しては、Netflixさん一択になります。

吹替版も充実しており、日本語、英語 スペイン語、フランス語、ブラジルポルトガル語などたくさんの言語で翻訳されていました。

さらに、Netflixさんであれば、アニメだけでなく映画やオリジナル作品も面白くコンテンツが充実しています。

2019年12月で無料トライアルはなくなってしまいましたが、月額980円というのは他のVODサービスに比べ破格なんですよね。

海外サービスのため使いづらさもあるようですが、その分4K画質だったり海外作品が多いのも特徴的です。

何よりオリジナル作品も話題になることがあるので、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」にプラスして何か視聴する際におすすめだと思います。

まとめ:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のネット配信サービス

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、2018年にアニメや映画化など話題になりました。

Netflixさん限定で配信されている作品で、泣けるアニメとして地上波でも放送されました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

広告