【鬼束ちひろ】ヤバい問題行動と逮捕歴|変人になった生い立ちも紹介

歌手としてブレイクした鬼束ちひろさん。

バラエティ番組やニュースなどで、度々素行の悪さが報道されるのですが、元々は優等生級の人物でもあるんですよね。

ヤバい問題行動や逮捕歴などもあるのですが、鬼束さんが変わってしまった経緯について気になっている方もいらっしゃると思います。

この記事では、鬼束ちひろさんの過去のヤバい行動や生い立ちについて紹介します。

【鬼束ちひろ】数々の問題行動がヤバい

2021年11月28日に鬼束ちひろさんは、午後4時半ごろに恵比寿駅前で救急車を蹴った疑いで器物損壊罪で逮捕されました。

事の経緯としては、一緒にパチンコをしていた友人が体調を崩し、救急車を呼んで到着したところ、通行人の方に「いやみを言われて頭にきて蹴った」「自分が一番悪いというのはわかっているが、わたしに嫌みを言った男は許せない」と話しています。

どんなことを言われたのかは公表されていないのですが、侮辱するようなことを言われたのかもしれません。

むしろ、悪口を言った方へも何か調査を入れた方がいいとは思いますが、言われた内容によっては何かしら処分を受けてほしいところですね。

実は鬼束ちひろさんに関しては過去にも問題行動とされることがいくつか報道されています。

鬼束ちひろ問題行動1:ニコニコ生放送で自主規制

2011年11月12日に行われたニコニコ生放送番組「包丁の上でUTATANETS」で過激な内容が配信されてしまい自主規制となりました。

鬼束ちひろさんによる生レギュラー番組でゆるいトークから始まったのですが、問題となった回ではテーマが「エロ」。

討論形式でさまざまな質問を受けたのですが、「メディアはどこまでエロを許すのか?徹底実験」と称してトークがエスカレートしました。

その後、「どんな動きがエロとなるのか」ということで鬼束さんオリジナルのエロい動きを披露したところ自主規制の画面に切り替わったとのことでした。

鬼束ちひろ問題行動2:和田アキ子と島田紳助へのツイート

2012年6月22日に起こった騒動なのですが、和田アキ子さんと島田紳助さんに対してTwitter上で投稿があったようです。

実際のツイートの写真がこちらになります。

「あー和田アキ子○してえ」

「なんとか紳助も○してえ」

流石になりすましなのではと噂があったのですが、まぎれもなく本人であることも報じられて明らかになりました。

その後、鬼束さんは公式サイトで謝罪文を掲載し、Twitterアカウントも非公開になりました。

鬼束ちひろ問題行動3:アウトデラックスでの奇行

2014年10月30日に放送された「アウトデラックス」に出演された際にも奇行が話題に上がりました。

テレビで見かけることが少なくなり、1年がかりの交渉で出演が決まったそうです。

番組を見た方からは、メイクや性格が豹変したとの感想が多く寄せられていました。

this is a pen!

といきなり英語を話だしたり、ご飯を食べずにスイカバーを食べているといったエピソードを話していたようです。

鬼束ちひろ問題行動4:交際相手からDV

2010年8月に、当時交際していた相手からDVを受け、大怪我を追ったことが報道されました。

回し蹴りをされたり、頭を何度も打ち付けられたり、目つぶしまでされて全治1ヶ月の大怪我を負ったそうです。

その頃から気持ちが不安定となり不眠症がエスカレートしたとされています。

おそらく、このDVが鬼束ちひろさんを変えてしまうきっかけになったのかもしれませんね。

鬼束ちひろ問題行動5:ストーカー被害

それから、こちらのエピソードも鬼束ちひろさんの奇行ではないのですが、過去にストーカー被害に合ったことが報道されたことがありました。

2005年7月26日に、鬼束さんの自宅マンションに花束を持ったファンの方が訪れ30分以上もチャイムを鳴らし続けストーカー規制法違反で逮捕されました。

どうやらこの男性は、この報道が出る以前から何度も来ていたことがあったようで「いつも来ている男がいる。なんとかして」と警察に通報があったようです。

当時24歳の鬼束さんにとっては、かなり精神的なダメージもあったかもしれません。

実は当時、音楽活動を停止していて活動を再開する形で動いていたこともあって、精神的にやられてしまったかもしれませんね。

【鬼束ちひろ】逮捕歴がヤバい

ここまで紹介してきた通り、鬼束ちひろさんは逮捕歴があることがわかります。

ご自身で1度、知人やファンの方で2度の計3回を経験しています。

2021年:器物損害で逮捕

2010年:元交際相手がDVをし逮捕

2005年:ストーカー被害を受け犯人が逮捕

被害にあったことの方が多く、2021年11月の逮捕がご自身で始めてになります。

そんな波乱万丈な人生を送っていう鬼束ちひろさんなんですが、元々は優等生級の成績を収めている方なんですよね。

【鬼束ちひろ】変人になった生い立ち|元々は優等生

名前:鬼束ちひろ(おにつかちひろ)

生年月日:1980年10月30日

出身:宮崎県

鬼束さんは、小学校2年生~3年生まで友人に誘われエレクトーンを習っていました。

小学校4年生の頃には詩も書いていたようで、小さい頃から音楽の才能を開花。

実は学校の成績もよく中学時代には、全国模試で1位の成績を収めることもあったようです!

高校に進学されてからは、成績だけでなくスポーツも優秀だったようで文武両道の生徒と評判だったようです。

音楽業界への進路に関しては、高校2年生の時にアメリカのシンガーソングライター「ジュエル」のデビューアルバムを聴いてシンガーソングライターになることを決意されました。

高校3年生の秋には、MELODY STAR RECORDSのオーディションを受けてグランプリを受賞。

その頃には歌手になることが現実となり始めたこともあって高校3年生の頃にはほとんど学校へ行かなかったのだそうですよ。

その後は、2000年2月(19歳)にシングル「シャイン」をリリースしてデビュー、セカンドシングル「月光」はミリオンヒットで一躍脚光を浴びました。

成績も優秀で容姿も素敵だったことを考えると幼少期からスター性があったことがわかりますね。

まとめ:鬼束ちひろの問題行動と逮捕歴

鬼束ちひろさんは、問題行動と呼ばれている事件がいくつか報道されていました。

高校生まではかなり優秀で評判だったことを考えると、デビューした後に置きた事件が変えてしまったのかもしれませんね。

参考になれば、幸いです。

広告