【ハラミちゃん】紅白を取りやめた理由|ドラクエ説と松田聖子コラボ説?

ストリートピアノやYoutubeなどで活躍されているピアニストのハラミちゃん

2021年の紅白歌合戦に出場予定でしたが、取り止めになった事が話題に上がっていました。

どうして取り止めになったか理由に関しては、明かされていなかったものの2つの説が浮上しています。

この記事では、ハラミちゃんが紅白歌合戦を取り止めた理由についてまとめてみました。

【ハラミちゃん】紅白を取りやめ報道

2021年12月23日にスポーツニッポンの報道で、ハラミちゃんが紅白歌合戦の出演を取り止めたことが報じられていました。

NHKの関係者によると「大物ミュージシャン」と共演することになっていたようです。

企画自体も立ち会いから携わっていたようで、

お二人とも楽しみにしていただけに残念がっている

引用元:スポニチ

とのことでした。

取りやめた理由に関しては明かされていないものの、ハラミちゃんと組む予定だったということで、ハラミちゃんが演奏して歌う予定だったのかもしれません。

【ハラミちゃん】紅白を取りやめた理由:松田聖子コラボ説

ハラミちゃんが紅白を取りやめた理由の1つは、松田聖子さんとのコラボが白紙になったという可能性です。

2021年12月18日にお亡くなりになった神田沙也加さんのこともあり、紅白歌合戦への出場が危ぶまれていました。

ハラミちゃん取りやめの報道では「大物ミュージシャンとのコラボ」とのことで、松田聖子さんとコラボということを想像された方も多いと思います。

しかし、紅白歌合戦には出場予定で、23日時点で出場する可能性が高いことが報じられています。

松田聖子(59)が、大みそかの「第72回紅白歌合戦」に予定通りに出場する可能性の高いことが23日、分かった。

引用元:日刊スポーツ

ということは、松田聖子さんだけが出場する形で、ハラミちゃんだけが辞退というのはちょっと考えにくいかもしれません。

ハラミちゃんの心情的に難しかったのかもしれませんが、実はもう一つ「ドラクエの著作権」の問題が取りやめする理由ではないかという可能性があることがわかりました。

【ハラミちゃん】紅白を取りやめた理由:ドラクエ説

2つ目の理由は、ドラゴンクエストの楽曲を編曲して演奏していたことだと言われています。

実はハラミちゃんなんですが、2021年9月3日に以下の動画をアップロードしています。

【0.5秒耳コピ】”ドラクエ”を初見プレイしながら耳コピ演奏してみたら神曲しかなかった件ついて【Dragon Quest】

現在この動画に関しては削除されています。

ドラゴンクエストの曲の編曲に関しては、2021年9月30日に亡くなられたすぎやまこういちさん作曲されています。

JASRACの管理曲であっても編曲は著作権により、ごく限られた方しか行えなくなっています。

この件に関しては、JASRACの回答ページにこのように記載されていました。

【ドラゴンクエストの楽曲をカバーもしくは編曲をして、CDを制作・販売したり、
音楽配信サービスに出品するなどしたいのですが、JASRACに申請すれば良いのでしょうか?】

著作権には、経済権(JASRAC)と人格権があります。

作曲家の許諾なくカバーしたり改変して販売することは、人格権(同一性保持権)に抵触しますので、ご注意下さい。必ず作曲家の許諾が必要です。

((ドラゴンクエストの楽曲は、限られた作・編曲家にのみ編曲を許諾しております)

つまり、禁止されている内容をYoutubeの動画にアップロードしているということを指摘されたため、動画を削除されたのだと思います。

ちなみに、耳コピに関しても編曲に値する行為になるのだとか。

また、2021年5月23日にはバラエティ番組「笑神様は突然に」でドラクエの曲を演奏されています。

Youtubeにアップした動画に関して話題になったのが2021年10月。

もし、このことが原因だったとすれば、なぜ年末直前に取りやめとなったのか?12月に入る前に取りやめするんじゃないかと思いますし、5月の笑神様でも何か注意を受けると思うんですよね。

動き出しが遅いところを見ると、ドラクエの著作権の件に関してが解決できず、結局JASRAC側からの指摘で辞退したということなのかもしれません。

まとめ:ハラミちゃんの紅白取りやめ理由

ハラミちゃんの2021年の紅白歌合戦の出場が取りやめになったことが話題になっていました。

可能性としては2つ上がっており、松田聖子さんとのコラボとドラクエの著作権の問題があったようです。

理由に関してはいくつか考えられていますが、どちらなのか?もしくは別の理由があるのかもしれませんね。

広告