【笑点メンバー】桂宮治が勤めていた化粧品会社はどこ?エリートサラリーマンだった!

2022年1月の放送から笑点メンバーに新しく加入された桂宮治(かつらみやじ)さん。

実は、落語をやられる前は会社員をしていたという経緯があって、化粧品会社に勤めていらっしゃったのだそうです。

果たして、化粧品会社とは一体なんという会社だったのか気になるところ。

この記事では、笑点メンバーの桂宮治さんが勤めていた化粧品会社についてまとめてみました。

【笑点メンバー】桂宮治の経歴がすごい!エリートサラリーマンだった

名前:桂宮治(かつらみやじ)

本名:宮利之(みやとしゆき)

生年月日:1976年10月7日

出身:東京都品川区

桂宮治さんは、落語の経歴がなく2008年(31歳)に落語を始められていました。

元々は会社員をされていて奥さんの後押しもあって、結婚式の会場で「会社辞めます!」と発言してそのまま落語会に進まれたという驚きの経歴を持っています。

実は、高校を卒業された後に舞台俳優をされていたことがあって生活費を稼ぐために、スーパーのワゴンの化粧品の実演販売のアルバイトをされていたのだとか。

この化粧品のセールスで、自分の天性の話術でセールス日本一にまでなったのだそうです。

その才能で一時期は、年収1000万円も稼ぐエリートサラリーマンとしても評価されていたのだそうですよ。

ただ、宮治さんの中で化粧品会社で働く中で悩みもあったらしく売上はよかったものの精神的にはきつかったと話しています。

これでいいのか。要らないものを要ると騙して買わせる商売は人を不幸にしているのではないか

引用元:演芸のまわりうろちょろ

しかも、現在の奥さんと結婚式も控えているタイミングで人生の岐路に立たされていました。

そんな中で奥さんから「やだったら結婚するんだから辞めちゃえば、2人でやっていけば貧乏でもいいから、もう一回好きなことを探せば!」ということを言われ、

たまたま、パソコンをいじってYoutubeを見ていたら枝雀師匠(かつらしじゃく)の動画と出会ったそうです。

師匠の動画は、10回見て10回とも笑ったのそうで、「ぼくもやってみたい!」ということで落語家になることを決意されました。

なんと、その後結婚式が行われたのですが、披露宴が行われた会場で「会社辞めます!」と言って、結婚と同時に無職になったのだそうです。

桂宮治さんは、落語家になる前に化粧品会社に勤めていたことがわかりましたが、どこの会社なのか気になってる方もいらっしゃると思います。

【笑点メンバー】桂宮治が勤めていた化粧品会社はどこ?

名前:株式会社ヒューマンスカイ

株式会社ヒューマンスカイのホームページはこちら

結論から言うと、桂宮治さんが勤めていた化粧品会社というのは「株式会社ヒューマンスカイ」という会社のようです。

ヒューマンスカイという会社は、実演販売・販売プロモーションをする会社のようです。

桂宮治さん自身は、以前働いていた会社名を公表されているわけではありません。

どうして、この会社だと特定できたかと言うと以前に、桂さんが答えていたインタビューにヒントがありました。

かつてこの仕事を共にしていた現在テレビなどで活躍中のナレーター山崎岳彦(46)は、売り上げのトップを独走する宮治の販売をこっそりのぞいたことがあった。

引用元:AERA

ナレーターの山崎岳彦(やまざきたけひこ)さんが一緒に働いていた会社であることは公表されています。

実は山崎さん、ヒューマンスカイさんのホームページに体験談としてメッセージが掲載されているんですよね。

現職/ナレーター山崎岳彦さん(1999~2001在籍)

私は以前ヒューマンスカイで、実演販売のお仕事をさせて頂いておりました。

引用元:ヒューマンスカイ

実演販売の事業や山崎さんと同じ会社ということからこちらの会社で間違いないと思います。

まとめ:桂宮治の勤めていた化粧品会社

笑点メンバーの桂宮治さんは、以前にエリートサラリーマンだったことがわかりました。

化粧品会社で1000万円を稼ぐ優秀な方だったのですが、結婚式で辞めると発言されて落語家を目指されたという経歴には驚きましたね。

相手に伝えるという点では、実演販売の経験も活かせるお仕事だったに違いないです。

参考になれば幸いです。

広告