【カーリング】ブラシでゴシゴシする意味|氷を掃くと得られる効果

オリンピック競技にもなっているカーリングでは、おなじみとなっているゴシゴシする動き

デッキブラシのような道具でゴシゴシと氷を掃いているシーンはどういう効果があるのでしょうか。

この記事では、カーリング競技で氷をゴシゴシする意味について紹介します。

【カーリング】ブラシでゴシゴシする呼び方

引用元:https://www.gizmodo.jp/

カーリングは、1チーム4人で行われ、1人2投ずつ投げて、投げる人とリンクを掃く人という役割に分かれています。

リンクの表面をゴシゴシする動作は「スウィーピング(sweeping)」と呼ばれ、スウィーピングする人のことを”スイーパー“と呼びます。

投げる順番によって役割が異なるため、投げる順番ごとに以下のように呼ばれています。

1番目に投げる人:リード

2番目に投げる人:セカンド

3番目に投げる人:サード

4番目に投げる人:スキップ

投げる人とスイーパーと指示をする人に別れるのですが、主にリードとセカンドがスイーパーになっていることが多いです。

それぞれの役割を表にまとめてみました。

投げる人 スイーパー 指示
1 リード セカンド、サード スキップ
2 セカンド リード、サード スキップ
3 サード リード、セカンド スキップ
4 スキップ リード、セカンド サード

スキップとサードが指示をして、リードとセカンドがスイーパーということがわかりますね。

ちなみに、北京オリンピックでの日本代表のロコ・ソラーレのメンバーはというと

リード:吉田夕梨花(よしだゆりか)

セカンド:鈴木夕湖(すずきゆうみ)

サード:吉田知那美(よしだちなみ)

スキップ:藤沢五月(ふじさわさつき)

リザーブ:石崎琴美(いしざきことみ)

という順番で、平昌オリンピックと同じポジションで組まれています。

【カーリング】ブラシでゴシゴシする意味

では、そもそもカーリングでスウィーピングを行う理由なんですが、ストーンをより遠くに動かすために行います。

カーリングのリンクに張っている氷は、一見つるつるしているように見えますが、ザラザラしているんですよね。

リンクの表面をゴシゴシすることで、表面の氷が摩擦熱で溶けて氷が滑りやすくなるため、より遠くにストーンを動かすことができます。

また、リンクにあるゴミも取り除く目的も兼ねているようですよ。

引用元:https://www.ishida-sports.co.jp/

ちなみに、スウィープで使われる道具のことをブラシと呼びます。

ブラシは現在、絵の部分がグラスファイバーやカーボンといった軽い素材でできていて、ヘッドがナイロンのパットがついているものが主流です。

昔は、豚や馬の毛などで作られていたこともあったようですよ。

【カーリング】試合での掛け声の意味も紹介

カーリングは、「ヤップ」「クリーン」「ハリー」などスイーパーに指示しているシーンを見かけることがあると思います。

これは、それぞれ掃くことへの指示を示していて

引用元:https://news.yahoo.co.jp/pages/20220204

ヤップ(ヤー):氷の上を掃いて

アップ(ウォー):氷の上を掃くのを辞めて

ハード:強く掃いて

ハリー:もっと早く掃いて

クリーン:軽く掃いて

という意味があります。

また、スイーパー側の方がストーンのスピードをリアルタイムで見ているため、指示を出すスキップ側に声を伝えることもあるようですよ。

まとめ:カーリングでゴシゴシする理由

カーリングでリンクをゴシゴシする理由は、ストーンを遠くに移動させるためでした。

表情のチェスと言われているように、性格にストーンを運ぶ必要があるため道具もそうですが掛け声なども重要であることがわかりましたね。

参考になれば幸いです。

広告