【NHK】サブチャンネルがうざい!ハーフパイプの動画の見直し方法も紹介

北京オリンピックのハーフパイプの中継を見ていた方の中で「NHKのサブチャンネルがうざい」と感じた方もいらっしゃると思います。

平野歩夢選手のハーフパイプ3回目の滑走が見れなかった方もいらっしゃると思います。

この記事では、NHKのサブチャンネルについて世間の反応やハーフパイプの見逃し配信を見る方法についても紹介します。

【NHK】サブチャンネルがうざい!

2022年2月11日に放送された北京オリンピックのスノーボード・ハーフパイプ競技の最後に衝撃を受けた方もいらっしゃると思います。

本当のラストランである平野歩夢さんの3回目の滑走の直前に、「サブチャンネルの切り替え」の表示が出て中継を見逃した方もいらっしゃると思います。

しかもサブチャンネルは、本チャンネル(1440✕1080ピクセル)よりも画質が悪く「720✕480ピクセル」なんですよね。

さらに録画をされていた方もいらっしゃると思いますが、サブチャンネル切り替えのタイミングで録画は終わっています

つまり、平野歩夢さんが金メダルを獲得したシーンに関しては、見ることができなかったかもしくは見逃された方が大半だと思います。

うざい」の一言だとは思いますが、やっぱり見逃されたしまった方も実は見直す方法がいくつかあるのでご安心ください。

【動画】ハーフパイプの動画の見直し方法

平野歩夢選手の3回目のハーフパイプの映像に関しては、いくつか見る方法があります。

まず1つ目はTwitterで公式ツイートに動画が載っていました。

ハーフパイプの見逃し配信1:Twitter

まずTwitterでは、オリンピックのアカウントとNHKのアカウントで配信されています。

この2つだけでほとんど解消できると思いますね。

ハーフパイプの見逃し配信2:gorin.jp

もう一つの方法が、こちらの「gorin.jp」のサイトになります。

こちらのサイトでは、ハイライトの映像が載っているためリアルタイムで見れなかった方でも視聴することができます。

先程のTwitterよりは画質がいいですし、解説も入っているのでこちらから見るほうがキレイな映像で楽しめます。

これでサブチャンネルで見逃された方も安心ですよね。

【世間の反応】NHKのサブチャンネル

まとめ:NHKのサブチャンネルがうざい

スノーボードの中継を見ていた方の中には、サブチャンネルで見逃されたしまった方も多くいらっしゃいました。

テレビに釘付けだっただけに本当に残念が気持ちになりますし、なんのために受信料を払っているのかと思った方もいらっしゃると思います。

でも見逃し配信もあるので、時間は取り戻せないですが配信で視聴することができることもわかりましたね。

参考になれば幸いです。

広告