【フィギュア】木原龍一の寄り目が気になる|斜視なのはいつからか調査

北京オリンピックで三浦璃来さんとのペア「りくりゅう」で注目されていた木原龍一選手。

顔写真などを見ると目が寄り目になっていることが気になっている方も多いのではないでしょうか。

いわゆる斜視と呼ばれる体質なのですが、「生まれつきのものなのか?」「事故によるものなのか?」も気になるところではあると思います。

この記事では、フィギュアスケートの木原龍一さんの斜視についてまとめてみました。

【フィギュア】木原龍一の寄り目(斜視)が気になる

名前:木原龍一(きはらりゅういち)

生年月日:1992年8月22日

出身:愛知県東海市

木原龍一さんのTwitterはこちら

木原龍一さんのInstagramはこちら

北京オリンピックでは「りくりゅう」ペアで話題になったフィギュスケート選手の木原龍一さん。

インタビューやキスクラなどで拝見するお姿を見るとどうしても目に注目してしまうと思います。

木原選手は寄り目をしているわけでなく、いわゆる斜視(しゃし)であることがわかりますね。

斜視:目の片方が別の方向に向いてしまう病気でこどもの約2%に見られる症状。

斜視もいくつか種類があるのですが、木原さんの場合は内側に寄っているため内斜視(ないしゃし)という症状になります

斜視のほとんどは小さいお子さんの病気として知られているのですが、最近ですと大きくなってから現れる後天性の斜視というのもあるようです。

果たして木原龍一さんの場合はどちらになるのでしょうか。

【フィギュア】木原龍一の斜視なのはいつから?

木原龍一さんの斜視に関しては、結論からいうと幼少期からのもので先天性の斜視になります。

写真でさかのぼってみるとすぐに分かるのですが、幼少期の頃から同じような内斜視であったことが確認できました。

ではまずは、こちらから見てみましょう。

木原龍一さんの写真:ソチオリンピック

まずこちらがソチオリンピックに高橋成美(たかはしなるみ)さんとペアを組んでいた頃の写真になります。

22歳の時になるのですがこの頃も斜視であることが確認できますね。

正確に言うと2014年のオリンピック前の写真であるため2013年に撮影された写真になります。

木原龍一さんの写真:ジュニア時代

こちらが、2010年に全日本Jrフィギュア男子に出場された時の写真になります。

この頃も目に注目すると斜視であることがわかりますね。

ではもう少しさかのぼってみましょう。

木原龍一さんの写真:学生時代

そしてこちらが学生時代の写真になります。

具体的に何歳の頃の写真なのかhわかりませんが、学生時代の友達と一緒に映る木原さんの写真であることがわかりますね。

少なくても学生時代から斜視であったことがわかります。

木原龍一さんの写真:幼少期

そしてこちらが、幼少期のおそらく5歳くらいの木原龍一さんの写真になります。

やはり、木原さんの目は後天性ではなく先天性であったようでこの頃から同じように内斜視になっていることが確認できました。

【フィギュア】木原龍一は練習中に事故も

木原龍一さんなんですが、2018年頃に練習中に転倒し脳震盪(のうしんとう)を起こした事故があったようです。

事故によって斜視になったというウワサ出ていたようですが、事故によるものではありません。

その当時、四大大会の選手権直前だったため急遽、選手権を欠場と長期の療養を取ることになりました。

進退についても考える時期だったということも話していて、つらい時期も乗り越えて来られたそうです。

脳震盪自体は完全に回復されたようで、そんな時期に三浦璃来さんと出会ってフィギュアのパートナーとして練習されてこられたようですよ。

まとめ:木原龍一の斜視

フィギュアスケート選手の木原龍一さんの目が寄っていることが気になった方もいらっしゃると思います。

いわゆる斜視という病気で、生まれつき内斜視を抱えていたことがわかりました。

練習中の事故ではなく、先天性のものであることがわかりましたね。

参考になれば幸いです。

広告