【家庭教師のトラコ】メリー・ポピンズと似てる点をまとめてみた

2022年7月20日から、女優の橋本愛さんが主演のドラマ「家庭教師のトラコ」。

実は、ディズニー映画「メリーポピンズ」に似てるということが話題になっていました。

パクリ疑惑も出るほど似ている点があるようなのですが、一体どんなところが似ているのでしょうか。

この記事では、ドラマ「家庭教師のトラコ」と映画「メリーポピンズ」が似てる点についてまとめてみました。

【家庭教師のトラコ】メリーポピンズと似ていると言われる理由

2022年7月20日の夜10時から放送のドラマ「家庭教師のトラコ」がディズニー作品の「メリー・ポピンズ」に似ているということが話題になっていました。

メリー・ポピンズに関しては、1964年に第一作目が公開されてからミュージカルが公演されたり、2019年に「メリー・ポピンズ・リターンズ」としてリメイクされた作品になります。

作品の宣伝広告を比較しただけでも雰囲気が、同じような感じであるように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大きいカバンに黒の日傘や衣装など、似ている点がある2つの作品なのですがまずはストーリーについて見ていこうと思います。

家庭教師のトラコのストーリー

主人公は「合格率100%を誇る 謎多き家庭教師」。「トラコ」こと根津寅子(橋本愛)は、家庭教師を職業にしているが、住んでいる場所もその生い立ちも不明。

公式サイトの情報によると、合格率が高い家庭教師のトラコさんを雇うというもので、トラコがどんな人物なのかは明かされていませんでした。

予告動画を見た感じですと、橋本愛さんが演じるトラコさんはいくつか姿を変えて登場されているんですよね。

家庭教師だけでなく、ナースや面接会場のエレベーターガールなど。

時系列的に、トラコさんって「何かしらの能力者なのか?」それとも「双子や三つ子のように同じ顔の人が何人もいるという設定なのか?」謎が多い存在ですよね。

一方のメリー・ポピンズに関してはというと

メリー・ポピンズのストーリー

引用元:https://www.disney.co.jp/

エレガントでしつけに厳しく、ちょっと”上から目線”な魔法使い。
バンクス家に教育係として舞い降り、不思議な魔法で人々を幸せへと導く!

※こちらは、2019年のリメイク作品「メリー・ポピンズ・リターンズ」になります。

映画「メリーポピンズ」のストーリーに関しては、厳格なバンクス家に子供の教育係として魔法使いのメリー・ポピンズがやってくるという設定になります。

ちなみに、64年は”ジュリーアンドリユース”さんで2019年はメアリーブラントさんが演じています。

エレガントでマナーに厳しく上から目線という設定で描かれており、魔法も使ってバンクス家を明るくするという設定なんですよね。

「メリー・ポピンズ」と「家庭教師のトラコ」に関しては、ストーリーの設定も結構共通するものもありましたね。

単純に考えて、トラコはおそらく魔法使いのような能力を持っている感じの設定なのだろうなあと予想ができます。

【画像比較】橋本愛の衣装がメリーポピンズ?

それから2人の衣装に関しても似ている点が多いように思えました。

こうして並べてみると、1900年代のロンドンの頃に着用されていた衣装という点が共通するうなあと感じました。

色彩の感じも同じですし、設定もほとんどが似ているように思えました。

服装が同じ

大きいカバンが似てる

黒い傘が同じ

帽子の色や形が同じ

家庭教師という設定が同じ

不思議な力が同じ

上から目線が同じ

探せばまだまだ出てくると思いますが、以上を踏まえると日本版のメリー・ポピンズという設定で展開されるのかもしれませんね。

まとめ:家庭教師のトラコとメリーポピンズ

ドラマ「家庭教師のトラコ」については、映画「メリー・ポピンズ」に似ている点が多いことがわかりましたね。

共通する点は多いものの今後明かされるトラコの能力やどんなストーリーになるのか楽しみですね。

参考になれば幸いです。

広告