【マスクドシンガー2】アンブレラの正体は誰?アンミカと言われる理由

2022年8月4日から配信が開始される「マスクドシンガー2

出演されるメンバーの中に、アンブレラという傘をモチーフした出演者が気になりました。

果たしてアンブレラの正体とは一体誰なのでしょうか。

この記事では、マスクドシンガー2に出演されるアンブレラの正体について考察してみました。

【マスクドシンガー2】アンブレラがかわいい

2022年8月4日に配信がスタートするマスクドシンガー2。

11名の顔を隠した歌を披露するということでAmazonプライムさんでも人気コンテンツの1つですよね。

今回出場される方の中で気になるメンバーの1人であるアンブレラに注目されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらがアンブレラのビジュアルになります。

青を基調として大きい傘を被って、手持ちの傘も印象的ですよね。

衣装に関してもステンドグラスのような輝きを放っており、しっとりとした曲を歌われるようなアンブレラの世界観に引き込まれていきそうな感じがしました。

ちなみに、アンブレラのコンセプトは以下のとおりです。

大きな帽子と色鮮やかなカラードレスで上品さを醸し出す雨の妖精アンブレラ。声を自在に操る魔法の歌声で観客を魅了。

事前の紹介動画では、自身曲があるということでおそらく歌手をされていた方なのだろうということが想像できます。

もしかすると、可能性の1つとして自信曲というか自身がリリースした曲を歌われるということを意味しているかもしれません。

そんなアンブレラの正体なんですがおそらく、この方ではないかと思い当たる方が1人だけいます。

【マスクドシンガー2】アンブレラの正体は誰?

結論から言うとアンブレラの正体は、アンミカさんです。

アンミカさんだと言われる理由はいくつかあるのですが、歌声が似ているという意見が多いように感じました。

ちなみにアンミカさんは過去に歌も出していて歌がお上手なんですよね。

確かに、アンブレラの歌声と似ているように感じました。

またエピソード3まででアンブレラについて以下のヒントも出ていましたね。

聖歌を歌っていたことがあった

一人カラオケが趣味

コンプレックスだらけ

母からもらった本

数字だらけの紙

などありましたね。

実はアンミカさんと言われる理由は、このヒントに共通する点があるからでした。

アンミカと言われる理由1:コンプレックスだらけだった

アンミカさんは、幼少期コンプレックスだらけだったそうです。

幼稚園時代には口の傷がコンプレックスだったり太っていたりだったのでうまく笑えなかったのだとか。

しかし、お母さんから「ミカちゃん、口角を上げてごらん、そうするときれいに笑えるよ」と言われて褒められ続けたことで次第に笑えるようになったのだとか。

このエピソードは、アンブレラも話していましたね。幼少期はコンプレックスだらけだったということなので共通しますね。

アンミカと言われる理由2:一人カラオケが趣味

アンミカさんは、Instagramでも投稿されていますが一人カラオケが趣味なのだそうです。

アンブレラも一人カラオケが趣味という点を考えるとアンミカさんと共通するものがありますね。

アンミカと言われる理由3:母から本をもらった

アンミカさんのお母さんは15歳の時に他界されていますが、生前にアンミカさんに『エチケット入門』という少女向けの本を渡されたのだそうです。

母からは心のマナーを磨きなさいと言われていたようで、現在のポジティブで丁寧なアンミカさんがあるのもお母さんのおかげかもしれません。

アンミカと言われる理由4:数字だらけの紙はカレンダー

また、エピソード3でアンブレラのヒントにあった数字に関してはおそらくアンミカ日めくりカレンダーなのではないかと思います。

よく見ると、黒い字が大半なのですが赤い字で書かれた数字も出ていました。

おそらく、カレンダーの色を意味しているように思います。

そのことを考えると、アンミカさんのヒントの1つといえますね。

まとめ:マスクドシンガーのアンブレラ

マスクドシンガー2に出場されたメンバーにアンブレラという方がいらっしゃいました。

おそらく、傘をモチーフにしていることから森高千里さんではないかと思います。

参考になれば幸いです。

広告