2017年2月11日に安比高原スキー場に行ってきました。
今回は、スキー場の様子とおすすめする温泉について書いていきます。

広告

安比高原スキー場のコース

全部で21コースあり、総滑走距離は45.1kmと広く圧雪バーンパウダーランコブなどさまざまなコースがあり1日中楽しむことができます。

また、キッカーなどを楽しめるパークもありますね。場所は、リフト券売り場近くにある『セントラルクワッド』というリフトに乗るといけますね。ボックスジャンプレールが数多くあり初心者から上級者まで楽しめます。

また、スクールレッスンもあり予約や当日空きがあれば受けることができますね。
僕も、滑り始めた頃に1度、安比でレッスンを受けたことがあります。10人くらいまとまって指導を受けるのですが、同じ位のレベルで分かれるので安心ですし楽しかったですよ。

安比高原スキー場の住所

郵便番号:028-7395
住所:岩手県八幡平市安比高原
電話番号:0195-73-5141

駐車スペースも広く、7000台も駐めることができます。
何度か行っていますが駐められない心配がありませんね。

安比高原スキー場の営業時間

8:30~16:00(平日・土曜日)
8:00~16:00(日祝)

営業期間:2016年12月23日から2017年3月26日
※春スキー:2017年3月27日~2017年5月7日(最長で)

今回は、11日(土曜日)で建国記念の日のため8:00からゴンドラが稼働していましたね。

広告

安比高原スキー場のリフト券料金

今回は、日帰りで8時から15時まで滑りましたね。料金を見ますと、5時間券と8時間券が300円しか違わないので5600円8時間券を購入しました。
滑った感じだと8時間でもあっという間だったので8時間券をおすすめします。

安比高原の感想

ザイラーコースヤマバトコースなど1日では全て回ることができなくらいコースが豊富なので飽きることがなかったですし、またいきたいなあと思うゲレンデです。
これまでいろんなゲレンデを滑ってきましたが、ゴンドラを降りると雲の上からの景色が楽しめる場所が初めてだったのでびっくりしました!

ゴンドラからの眺めが最高です(^^)

雲の下を潜ると曇っていて景色が全然違いますよね。

コースがたくさんあるということや全体的に滑走面が広いので、人を避けやすいのもいいなあと思います。特に、ヤマバトコース全長5.5kmのロングランで岩手山の眺めや途中でスピードダウンすることがないので疲れないし顔に受ける風の感じが爽快でしたね。

また、上級者コースが多くあるザイラーコースについてはスピードも思ったより出ますがパウダースノーのところもありスプレーしたりするのが楽しいです。

また頂上では、『APPI NOWの看板があるため撮影に最適かなあと思います。

昼食の感想

安比高原には、食事処が3ヶ所あり入場口近くのフードコートやセントラルゲレンデの滑走途中にあるレッドハウスやザイラーコースの終点にあるザイラースキーセンターにあります。
今回は、種類が豊富ということでフードコートにすることにしましたね。

僕が今回注文したのは、華龍さんで1番人気の素菜湯メン(スーサイラーメン)という野菜塩ラーメンを注文しましたね。
炒めた野菜も美味しかったですし、スープもラーメンに染み込んでいますしさっぱりした味わいです。


その他にもカレーやピザスパゲッティ、郷土料理などさまざまなブースが出店しているのでメニューが豊富です。

次回は、レッドハウスザイラースキーセンターなども滑っていかないと行けないことがレアだと思うので行ってみたいですね。

また、入り口付近のクレープ屋さんもおすすめです。
甘い匂いに誘われて食べてみたところ、クレープの生地もモチモチしていて上に乗っているアイスも冷たくてちょうどいいです。値段は500円です。

おすすめの温泉

スキー場から車で10分のところにあるあずみの湯がおすすめです。建物の看板が高いところにあるので見つけやすいと思います。

浴場には、広い内風呂露天風呂電気風呂サウナもあり、温泉の雰囲気も古き良き温泉という感じですね。僕的には、流し台の間隔も広めですし、休憩所にソファーがあってゆったりできるのがよかったです。

あずみの湯の住所と料金

住所:岩手県八幡平市細野436-9
電話番号:0195-72-6811
料金:大人600円、子供300円
営業時間:10時~21時

安比高原での滑走動画

滑走しながらの様子をスマホで撮っています。
主にロングランのヤマバトコースにて撮影をしています。

まとめ:安比高原スキー場

今回は、安比高原スキー場に行って来たので様子について書いてみました。
山頂からの眺めが最高ですし、コースがいっぱいあり1日中楽しむことができました。
是非参考にしてみてくださいね。

広告