【モーニングショー】玉川徹の過去の問題発言まとめ|大人げないコメントが多かった

羽鳥慎一のモーニングショーのコメンテーターとして知られている玉川徹(たまかわとおる)さん。

謹慎処分受けることとなったのは、番組内で度々話題になった問題発言が原因だったようです。

何度か問題発言として炎上したことがあったんですよね。

この記事では、玉川徹さんの過去の問題発言についてまとめてみました。

【モーニングショー】玉川徹が謹慎処分となった経緯

名前:玉川徹(たまかわとおる)

生年月日:1963年

出身:宮城県

2022年10月5日から玉川徹さんは、出勤停止10日間の謹慎処分となっています。

放送10回分の出演禁止ということになっており2022年10月19日まで謹慎予定となっています。

どうして、謹慎となってしまったかというと9月28日に番組で安倍元総理の国葬で、広告大手の電通が入っているということをコメントしたことが原因でした。

その後、玉川氏は番組内9月29日に謝罪。

電通が関わっていないことがわかり謝罪。

虚偽情報を拡散してしまったということで、謹慎処分を受けてしまったようです。

実は、玉川さんに関しては以前からも問題発言が問題視されているんですよね。

【モーニングショー】玉川徹の過去の問題発言まとめ

玉川徹さんに関しては、何度も番組での発言がネット上でも炎上されています。

政治関連の発言だったり、スポーツや競技などに関するコメントもかなり炎上しているんですよね。

時系列順で紹介します。

問題発言(2022年9月28日):「電通関与」の発言

当然これ(広告大手)電通入ってますからね

こちらが9月28日の「モーニングショー」で出た発言になります。

安倍晋三元総理の国葬で、菅義偉前首相の弔辞読み上げていたVTRに対してコメントした内容になります。

しかし電通は関与していないことが発覚。

玉川氏は、翌日の放送で「電通はまったく関与していない」ということを謝罪していました。

問題発言(2022年7月6日):「掘っ立て小屋」発言

断熱で言えば、多くの日本人が掘っ建て小屋みたいなところに住んでるのと一緒だと思うんですよ。

隙間もあるし、ペラペラだし

7月6日のモーニングショーで「高断熱住宅」についての特集が報じられていました。

この特集の中で玉川氏は、高断熱住宅は真冬でも1台のエアコンで20℃以上もあるので省エネにつながるということで絶賛されていました。

一方で、多くの日本人が住んでいる家は「掘っ立て小屋」発言で、ネット上は炎上。

デメリットも言わないで人のマイホームの悪口を言われたことで傷ついた方も多かったようです。

問題発言(2022年4月25日):「カズワン事故」の発言

どんなに気を付けてても船は沈む可能性はある

海の中に放り投げられても意識を保って、自分に『頑張れ』ってできる時間はどれくらいだと。その水温は何℃くらいなのかを僕だったら考えますね

2022年4月23日に起こった知床遊覧船「KAZU I(カズワン)」の事故に対してのコメントも炎上していました。

この事故は、発生から1ヶ月後の5月26日に引き上げられています。

玉川さんはまだ、犠牲者が発見されていない状況にも関わらず、不誠実な発言ということでネットは炎上となっています。

問題発言(2022年3月4日):「ウクライナ」に関する発言

勇敢に戦ってるけれども、どこかでウクライナが退く以外には市民の死者が増えていくのを止められない。死者が増えないようにすることも指導者の大きな責任

3月4日のモーニングショーでは、ロシアとウクライナの戦争に関してのコメントをして炎上。

ウクライナに対して「早く降伏しろ」ということで、国を必死で取り戻そうとしているウクライナに対してひどい発言で共感できないということから、かなり叩かれていました。

問題発言(2020年8月21日):「将棋には興味がない」発言

僕は将棋の話は、将棋自体は、はっきり言いますけどわからないし興味ないんです。

だけど面白い人の集まりだから、人間とお金には興味あります

8月21日には、将棋史上最年少記録の二冠に輝いた藤井聡太さんへのコメントが炎上していました。

18歳の若さで偉大な記録を成し遂げたことに対して、「興味ない」の一言で終わらせてしまったのは見ていて不快の声が多かったようです。

お金稼ぎしか興味がないということも、コメンテーターが公の場で発言する内容でもないですよね。

広告