【キンプリ】不仲説が出ている6つの理由|不仲を匂わせる動画も紹介

ジャニーズ所属「King & Prince(キンプリ)」はプライベートやインスタライブなどで仲が良さそうな印象があると思います。

しかし、一部では不仲説も出ているようで、メンバー間でいざこざがあるといったウワサも出ていることがわかりました。

この記事では、King & Prince(キンプリ)に不仲説が出ている6つの理由について検証してみました。

【キンプリ】グループ内での仲良しエピソード

2015年にジャニーズ事務所からデビューを果たしたKing & Princeの5人(6人)。

結成初期の映像、インスタライブ、ライブの写真などを見る限りでは、仲がいいメンバーという印象を持っている方も多いと思います。

プライベートでも仲がいいとも言われれており、それぞれ仲良しエピソードもありました。

仲良しエピソード
  • 永瀬廉と高橋海人はオンラインゲーム仲間で朝6時までやっていた
  • 平野紫耀と神宮寺勇太はショッピング、海、美容室などプライベートも一緒に行動
  • 平野紫耀と永瀬廉は関西ジャニーズ時代から一緒で戦友でありライバル
  • 岸優太は永瀬廉から洋服をもらったことがある
  • 岸優太と神宮寺勇太は同じ名前つながりで仲がいい

など調べれば、雑誌のインタビューで数えきれないほどの仲良しエピソードが存在しますね。

元々、別々のグループ【Mr.King、Mr.Prince】だった経緯も有名な話ではありますが、キンプリになってからといって、仲が悪くなったようには思えません。

Mr.King:平野紫耀、高橋海人、永瀬廉

Mr.Prince:岸優太、岩橋玄樹、神宮寺勇太

そんなキンプリの5人には、メンバー間で不仲説というものも浮上しているらしいです。

【キンプリ】不仲説が出ている6つの理由

キンプリの不仲説は、不確かなことが多いのですが、2018年頃からウワサが出るようになったようです。

真相はm本人たちにしかわからないことではあるのですが、過去に6つ不仲を匂わせるようなシーンが番組で目撃されていたようです。

キンプリ不仲説1:永瀬廉が神宮寺勇太を押してる?

2018年にキンプリのファンクラブ限定の動画に上げられたいた動画で、神宮寺勇太くんが永瀬廉くんを押している様子が記録されています。

このことに関しては、2019年5月に公開された映画「うちの執事が言うことには」で共演されているのですが、敵対する役だったからと言われている

ちょうど撮影時期だったため、冷たく接するようにして役作りをしているのだとか。

詳細は不明ですが、初出演の映画ということで気合が入っていただけかもしれませんね。

キンプリ不仲説2:岸優太と高橋海人がモメた?

2020年4月7日に放送された朝の情報番組「ZIP」の中で、岸優太と高橋海人がちょっと揉めているシーンが記録されています。

「最近、いざこざが耐えない2」「この二人混ぜるな危険」というテロップが出ていました。

番組を盛り上げるための演出なのかと思いますが、周りのメンバーも「仲良くね」というようにしているのはどういう意味なのでしょうかね。

キンプリ不仲説4:岸優太と永瀬廉が仲間外れ?

キンプリのデビュー前に、USJで目撃情報がありました。

神宮寺さん、平野さん、高橋さん、岩本さんの4人が目撃されていたそうです。

しかし、岸優太さんと永瀬廉さんについては見かけなかったとの情報が。

プライベートで訪れたのかもしれませんし、メンバー全員で行動しなければならないようなことはないのですがちょっと気になりますよね。

キンプリ不仲説5:岸優太が炭酸水をかけられた

キンプリのコンサートの打ち上げでこんなエピソードがありました。

どうやら、岸さんが神宮寺と平野から炭酸水をかけられたというエピソード。

2017年発売のアイドル誌「Myojo」(集英社)では、コンサートの打ち上げで、岩橋玄樹、神宮寺勇太、平野紫耀の3人が岸に頭から炭酸飲料をかけて遊んでいたとのエピソードが明かされており、ファンからは「やり過ぎ」との意見が出た。

引用元:エキサイトニュース

普段からいじられキャラの岸さんですが、さすがにやり過ぎだとファンから指摘されてしまったようです。

結局その後、メンバー全員が炭酸水をかぶり、仲良くお風呂に入浴されていたというホッコリした話も出ていました。

結局のところ、いじめではなく仲がいいということなのでしょうね。

キンプリ不仲説6:永瀬廉は岸優太の匂いが嫌い

不仲説とは関係ないのですが、番組の中で匂い当てをする企画があった際に、永瀬廉さんはこのようなことを話しています。

普段の岸さんはいい匂いだけど、調子が悪い(香水を付けている時)が嫌いだ」とのことです。

長く一緒にいると細かいことでも気になってしまうことが増えるのかもしれません。

広告