【谷口彰悟】フェイスガードを使用している理由|ブランドやメーカーも調査

プロサッカーJリーグ・ア川崎フロンターレの谷口彰悟(たにぐち しょうご)選手。

顔に着用されているフェイスガードがバットマンみたいでかっこいいと話題になっていました。

果たして、フェイスガードを着用されている理由とは一体なんなのでしょうか

この記事では、谷口彰悟選手がフェイスガードを使用している理由やメーカーについて紹介します。

【谷口彰悟】フェイスガードを使用している理由

川崎フロンターレの谷口彰悟選手が、2022年11月12日の試合からフェイスガードを付けているのが話題になりました。

黒いフェイスガードを付けているということで「バッドマンみたい」と注目されています。

少し前まではフェイスガードを着用されていません。

谷口選手がフェイスガードを使用している理由は、2022年11月5日に行われた【川崎 VS FC東京】の試合で鼻を骨折されたからでした。

鼻を骨折した理由は、相手選手と接触したためで、当時、鼻に痛みがあり、出血していることから検査を受けたところ、発覚したそうです。

こちらの動画は試合後のインタビューなのですが、鼻の右側が赤く腫れていることがわかります。

その後、谷口選手は「フェイスガード」を使用されるようになったそうです。

【谷口彰悟】フェイスガードのブランドやメーカーも調査

フェイスガードのメーカーやブランドについては、出発前にフェイスガードを作ってもらったという記載がありました。

出発前に整復の処置(鼻の位置を整えること)をしてもらい、フェースガードも作って、間に合わせてもらった。痛みはもちろんあるが、プレーできないということはない。

引用元:毎日新聞

ですので、オーダーメイドであることがわかります。

ちなみに、フェイスガードに関しては「株式会社スポーツ装具研究所」などの専門業者に頼んだのではないかと思いました。

お値段としては、33000円となっていました。

また、既製品というのもあって、楽天さんなどでもフェイスガードは販売されていました。

名前:ソフトフィットフェイスガード

値段:19,800円

購入先リンクはこちら

一見、硬そうな見た目なのですが全体的にクッション素材のようで装着した感じだとピッタリフィットするような付け心地のようです。

サッカーだけでなくハンドボールや野球、ラグビー、バスケットボールをされている方の中にも着用されている方もいらっしゃるようです。

谷口彰悟のフェイスガードに対する世間の反応

広告