今回は、コンビ芸人の新宿カウボーイについて書いていきます。

新宿カウボーイは、スピード感があって面白いコンビです。

広告

新宿カウボーイとは?

2006年に大田プロダクションで結成したお笑いコンビです。

新宿カウボーイのコンビ名については、二人がよく新宿で練習をしていたこと、爆笑問題の人気番組『爆笑問題カーボーイ』を合わせてつけたそうですね。

芸風としては、駄洒落とギャグを合わせてスタイルで漫才をされています。

最近では、テレビに出る機会も増え、『とんねるずのみなさんおかげでした』や『爆笑レッドカーペット』にもされ、2012年に、THE MANZAIの認定漫才師50組にも選ばれましたね。

 

新宿カウボーイ

新宿カウボーイのプロフィール

・左の小柄な方がツッコミを担当している石沢勤(いしざわつとむ)です。

石澤さんは、よくナイツの土屋伸之に間違えられるそうですね。

見比べてみると確かに似ているのかもしれませんね(^^)

 

・右の薄毛の赤ジャケットの方がボケを担当しているのが金清勝則(かねきよかつのり)です。

かねきよは、島田洋七さんの元付き人で、過去に乾き亭げそ太郎『いちばんのり!』というコンビを組んでいましたね。

また、有吉反省会の中でギャグがすべったことにより、有吉さんに冗談で引退宣言をさせられたようです(^^)

かねきよのボケについて

とんねるずの番組の『距離を縮めてチェンスをつかめのコーナー』では、かなりゴリ押しのギャクを連発しています。

僕は、かねきよのボケの中で『あるない』というギャグが好きなのです毎回笑ってしまいます。

あるないは、右手と左手を上げて『こっちがあるとしましょう、こっちがないとしましょう、ピピピピッピー』と言った後に『力道山!!』や『トクホのマーク』などの一発ギャグするというボケです。

 

また、かねきよがよく言うギャグの中に『ばかやろう、このやろう、若山富三郎』というギャグがありのですが若山富三郎さんがどういう人なのか気になり調べてみました。

広告

若山富三郎について

本名が奥村勝(おくむらまさる)という方で勝新太郎さんのお兄さんです。

富三郎さんは、昭和を代表する俳優や監督をされていた方で代表作に『子連れ狼』があります。

人柄としては、親分肌で面倒見がよく子役に優しい反面、スタッフや監督などに厳しく恐れられていたそうですね。

大酒飲みであまり台本を事前に読んでこない勝さんと違い、撮影2時間前に入り台本チェックを怠らなかった方なので仕事への取り組み方が誠実な方なのだと思います。

 

 

新宿カウボーイが出演する番組について

過去の出演番組からもわかる通り、ギャグセンスがおじさんですがかねきよの明るいキャラクターとスピード感が面白いですね。

また、今回出演するお笑い名人奇席は、1月2日13:30から放送される爆笑問題やサンドウィッチマンが出演するお正月の生中継特別番組です。

あまり知られていない芸人さんも多数出演されるため、今後ブレイクする芸人さんも出てくるかもしれませんね。

 

 

新宿カウボーイのまとめ

今回は、コンビ芸人新宿カウボーイについて書いてみました。

年始めの特別番組に出演されということもあり、今後ブレイクするのではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

広告