2月22日放送のタラレバ娘6話が放送されましたね。
前回、倫子と奥田が出会い付き合うことになり、幸せを手に入れらたように思います。
今回は、タラレバ娘6話の感想と次回の展開予想を書いてみます。

広告

タラレバ娘6話のあらすじ

前回出会った、速水もこみち演じるバーテンダーの奥田と倫子が付き合うことになりました。
倫子にとっては、料理もうまいし性格もやさしく趣味も合うということで非の付け所がない理想的な男性です。

ですが、毎回会うたびに奥田の家でフランス映画などを鑑賞するのですが、倫子のジャンルと合わないなあと感じてしまいます。

奥田は、倫子もフランス映画が好きであろうと思いこんでいるのでまったく悪気がなく進めるのですが、倫子さんにとってフランス映画が退屈すぎるし、相手に合わせなければという居心地の悪さを感じてしまいます。


ある日、奥田の提案で倫子の好きな映画は?という話になるのですが、倫子がそこで「SEX AND THE CITY」を進めるのですが奥田に
「俺それ系はダメなんだよな。別の映画は?」というように悪気なく否定されてしまいます。

倫子にとってこの映画は、作家になろうと決意させてくれた大事な映画ということだったので、奥田との付き合いを付き合いを継続できないと感じ、結局別れることになります。

広告

タラレバ娘6話の感想

奥田さんについては、前回の話からいい人すぎるし何か裏がある人なのかと予想していましたが、今回の話の中で特に悪い印象がありませんでしたね。
むしろ、裏表がなく素直でステキな方だということがわかりましたし、自分を持っていて嘘も付かないのでかっこいいと思います。


ですが、好きなジャンルが違うと合わないってのが結構重要なことだなあと感じましたし、相手に嫌われないように
自分を押し殺して付き合わくちゃいけないってキツいなあと感じましたね。

僕的には、好きなジャンルが例え違っていてもいいと思うんですよ。むしろ、違っていることが当たり前だし、違っているからこそ、相手のことを思ってくれる人ならば、今回の倫子さんが好きなジャンルについて否定しないで
一緒に見るとか「どういう内容なの?教えて」みたいに理解しようとする姿勢があれば、全然違っていたと思いますね。

今後の展開予測

ドラマ最後の次回予告で、倫子さんが早坂さんとキスシーンが写りましたね。


次は、早坂さんにいくのかとびっくりしましたが倫子さんの恋の方向が今後どう変化するのか楽しみです。
ですが、今回の奥田さんと同様に素直な倫子さんでいられていないのですし、次回付き合うことになるのか
ただの気まぐれなのか気になります。


僕の予想では、最終話に向かって、KEY君へ方向転換するのだと思いますね。
なぜなら、今回KEY君と話した時に気になっていた過去の結婚の話をしていたことがあったので
そんな毒舌だが誠実なKEY君との数々の会話で居心地がいいはずなんですよね。
次回も楽しみにしたいと思います。

まとめ:タラレバ第6話

今回は、タラレバ娘第6話についての感想と展開予想について書いてみました。
毎回、タラレバ3人の恋がそれぞれ問題が出てきて展開が面白いですよね。
僕としては、倫子さんの展開が一番気になるので次回も楽しみしたいと思います。

タラレバ娘最終回の記事はこちら

タラレバ娘第9話の記事はこちら

タラレバ娘第8話の記事はこちら

タラレバ娘第7話の記事はこちら

タラレバ娘第5話の記事はこちら

タラレバ娘第4話の記事はこちら

タラレバ娘第3話の記事はこちら

広告