グッチ裕三さんが、どうやら自分の店の商品を紹介したということでステマだと叩かれていますね。

テレビの影響力ってすごいもので、何度も紹介していることから懐に入る金額だって増えるわけですから、味をしめた確信犯なのかもしれません。

明るくて楽しいはずのおじさんが実は詐欺師だったとはびっくりですが、逆にお店に行きたいなあなんて釣られてしまいますね。

今回は、問題になったメンチカツ屋さんの場所名前についても調べてみます。

広告

グッチ裕三のプロフィール

名前:グッチ裕三(グッチゆうぞう)

本名:高田裕三(たかたゆうぞう)

生年月日:1952年2月27日(65歳)

血液型:A型

出身:東京都板橋区

職業:タレント、歌手

グッチさんと言えば、料理もできて歌も上手なダジャレ好きなおじさんてイメージですね。

小さい頃に、ハッチポッチステーションに出演されていたイメージが強いですし、NHKの今日の料理でも度々見かけます。

今回ステマ事件ということなのですが、それ以前に気になったのが本名がたかたということですね!!

 

まさかのジャパネットと同じ名前を与えられた男ということで、ジャパネットの伝承者なのかもしれませんね。

空前絶後のジャパネットの生みの親なのかもしれませんし、その才能が暴走してしまったから自分の店も売り込んじゃったのかもしれません。

広告

グッチ裕三さんのメンチカツ屋の名前は?

お店の名前は、「浅草メンチ」というグッチ感がなくてオーナーってバレにくそうな名前なんですね。

神奈川県の高座豚っていう幻の豚とまで呼ばれている肉を使用しているらしくブランド品でかながわ名産100選にも選ばれています。

値段は、1コ200円、6コで1200円となっていますね。

僕だったら、6コ買うんだから1000円にしてよって思っちゃいますが貧乏性なのでしょうか(#^^#)

値段的には、高速道路のサービスエリアくらいに値段って感じでちょっと割高感があります。

見た目は、拳くらいの大きさでボリュームがあって美味しそうなので1回は食べたいですね(^q^)

浅草メンチの公式ページはこちら

浅草メンチの公式ページ

浅草メンチの場所・住所

店舗は、浅草、自由が丘とあるようです。

ネットでも販売しているというこですしポチりたいかもしれません。

浅草本店の住所

住所:東京都台東区 浅草2丁目3-3

 

自由が丘店の住所

住所:東京都目黒区自由が丘自由が丘1丁目13-10

 

グッチ裕三のメンチカツ騒動の経緯

浅草メンチは、伝法院通りに2010年オープンします。

  • 2012年12月にはなまるマーケットのおめざに出演した際に「月1ペースで墓参りに訪れて帰りにメンチカツを買うのが癖」だと話しますね。
  • 2013年3月に「人生が変わる1分間の深イイ話」で紹介し出演者が試食して絶賛されます。
  • 2014年5月に「ヒルナンデス!」の開運ツアーでメンチカツを薦めたそうですね。
  • 2016年2月にも「はやドキ!」でお取り寄せグルメとして紹介します。

グッチ裕三は確信犯で詐欺師?

ジャパネットグッチすごいですよね!

なんというか1回だけかなあと思っていたのですが調べてみると、毎年宣伝してたんですよ。

本人いわく、「基本的に名前を出さずに勝負したかった。そうしたら思いの外うまくいって。私の認識不足でした」と謝罪しています。

美味しいものを紹介することは全然悪くないですし、むしろ下さいな感じなのですが

自分のお店だと言わなかったのが問題ですし確信犯っぽい感じがしますね。

 

本当にやってはいけないってわからなかったのかはわかりませんが、しめしめと思っていたのかもしれないと思うと

歌っている時の笑顔も詐欺師の作り笑顔かと思うと闇を感じてなりませんね。

 

食べ物に罪はありませんが、隠し事はよくないですよ(T_T)

 

まとめ

グッチ裕三さんのメンチカツ問題について書いてみました。

美味しいものは食べてみたいですが、影で美味しい思いをしようというのが嫌ですね。

笑顔ってホント、事件が起こってからだと怖いです(((;゚Д゚))

広告