東北の三大祭と呼ばれている青森ねぶた祭り2017年も開催されています。

気になる日程や、個人的におすすめする場所穴場などをご紹介しますね。

特に、観光目的ですと有料観覧席というのが設けてあるのでおすすめです。

広告

【青森ねぶた祭り】2017年の日程・スケジュールは?

青森ねぶた祭りは、毎年8月2日から7日まで運行します。

子供ねぶた運行大型ねぶた運行海上運行を日程によって、楽しみ方が異なるので毎日変化があるので面白いですね。

6日には、ねぶたの審査が行われるのですが、大賞を取ったねぶたが7日の最終日に海上運行と呼ばれる船の上にねぶたを載せての花火大会が開催されるので

花火とねぶたを同時に見ることができるので幻想的で感動しちゃいます。

青森ねぶた祭りの公式サイトはこちら

青森ねぶた祭りの公式サイト

ねぶたのSNSリンク

ねぶたのフェイスブックはこちら

ねぶたのフェイスブック

ねぶたの運行時間は

8月2日から6日までは、19:10から21:00までとなっています。

特におすすめなのが4日から6日の祭りの中盤でメインになる大型ねぶたが多数運行する日ですね。

6日なんて審査の日ですから、ねぶたの迫力が増している気がしますし、ねぶたを動かす人も全力のような気がします。

広告

ねぶたの来場客数は

毎年、6日間で250万人ほどが見込めるイベントのため、経済効果が約230億円とも言われています。

最近では、青森だけでなく「六魂祭」と呼ばれる東北各地でねぶたが披露されていたり東京にも数台の運行をしたりしていたようですね。

250万人ということで、青森ではめずらしいので東京の竹下通りほどの混み具合といったところですかね。

【青森ねぶた祭り】個人的におすすめの場所?

有料でねぶたの近くや高台から見る席が用意されているのですが、やはりゆったりと見たい場合にはおすすめです。

個人的には、ねぶたと一緒に歩いたり違う角度から見ることができるので歩き回る観覧が面白いと思いますね。

祭りって、周りとの一体感が醍醐味だと思うので人が集まっているところってなんだかんだ言ってきれいに見えたり、迫力が他と違ったりして「おお~!」って歓声も上がっていて面白いです。

ですが、人混みってどうもなれないし小さいお子さんとかだと前の人が邪魔でよく見えないなんてあるじゃないでしょうか?

僕は、人混みがあまり好きとは言えないので我慢する時もありますがのんびりと雰囲気を味わいたい派です。

ですので、人があまりいなくて尚且つ目の前で迫力を味わえる穴場を見つけたのでご紹介しますね。

個人的には、おすすめしておいてなんですが、あまり集まってほしくはないのですが(笑)

【青森ねぶた祭り】個人的な穴場スポットはどこ?

青森ねぶたのスケジュールって21:00となっていますよね。

21:00には、皆さん帰宅の準備やホテルに戻るので交通ラッシュであったり歩行者天国も解除となって道路が混み合う時間でもあります。

ですので、帰宅するにしろ人混みから避けられると思いきや大名行列みたいな感じなんですよね。

ですので、その時間帯がめっちゃ優雅に楽しむことができるんです。

場所なんですが、ねぶた小屋とよばれる収納する場所に戻る道路になりますね。

人が少ないですし、粋なはからいもしてくれてねぶたの掛け声をやってくれたりしてプチねぶた祭りを見ることができるんです!

なので、祭りを楽しみというよりはねぶた自体が好きな人で写真をきれいに撮りたい人におすすめですね。

気合入りまくりの人だと、最後まで全力でいてくれるので面白いです。

時間もだいたい、22:00くらいまでなので帰宅するにしても人混みがなくなっているのでさらにお得ですね(^^)

穴場スポットの場所

ねぶた小屋の出口になります。

【青森ねぶた祭り】2017年の画像

2017年のねぶたを撮影してきたのでよろしければ、御覧ください。

私たちのねぶた
県庁ねぶた実行委員会
パナソニックねぶた会
青森青年会議所
市民ねぶた
NTTグループ
青森菱友会

まとめ

今回は、青森ねぶた祭りのおすすめの場所や穴場について書いてみました。

6日間の日程ですが、毎日違うので面白いですし盛り上がるのでおすすめですね。

せっかく見るなら、ゆったり見たい人などには穴場スポットもいいと思います。

ぜひ、参考にして見てくださいね。

広告