MENU
カテゴリー
Blog Rankng
ブログランキング・にほんブログ村へトレンドニュースランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミセス「コロンブス」のMV監督は誰?アーティストには責任あるの?

2024年6月12日に公開されたMrs.GREEN APPLEの新曲「コロンブス」

公開からわずか1日で炎上騒動から公開停止となって話題になっているため知っている方もいらっしゃるかと思います。

そもそもMVの炎上ということで、MVを作った監督さんなど関係者が誰なのか気になった方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、ミセスグリーンアップルの「コロンブス」のMVの監督さんなどについてまとめてみました

目次

ミセス「コロンブス」のMV監督は誰?

koronbusu-kantoku1

Mrs.GREEN APPLEの「コロンブス」のMVは公開停止となっています。

Youtubeの概要欄には、コロンブスの楽曲に携わった「監督、プロデューサー、ディレクター」の名前が記載されていました。

こちらにまとめてみました。

プランニングディレクター:大森元貴(おおもり もとき)
ディレクター:白石剛浩(しらいし たかひろ)
プロデューサー:佐々木視紀(ささき あきのり)
制作会社:SHOWTIME

プランニングディレクターは、ミセスのボーカルとして勤めている大森さんが担当されていたようです。

コロンブス炎上はアーティストには責任あるの?

koronbusu-kantoku4

アーティストとMVの制作会社って、分けて考えないといけない自体も多いと思います。

ただし、今回の場合はアーティストもディレクターとして携わっていたことを考えると全く無関係ということにはならないと思います。

概要欄にも名前が記載されていたわけなので、MV制作会社だけの責任と考えるファンもいらっしゃるかと思いますが厳しいそうですね。

6月13日に謝罪文を掲載されているのですが、その謝罪文の最後にMrs.GREEN APPLEの大森さんの個人名1人だけが記載されていました。

コロンブス炎上の謝罪文

koronbusu-kantoku3

この点を考えると、一連の騒動に関してはプランニングディレクターとして関わっていたということでグループではなく個人名にされたのかもしれません。

ただ、謝罪文の一部にはちょっと気になる点がありました。

類人猿が登場することに関しては、差別的な表現に見えてしまう恐れがあるという懸念を当初から感じておりましたが、類人猿を人に見立てたなどの意図は全く無く、ただただ年代の異なる生命がホームパーティーをするというイメージをしておりました。

Mrs.GREEN APPLE

制作当初からちょっと「危ないかなあ」と感じる点があったようです。

MVの立ち上げの時点でちょっと気に掛けていたようで、全くこうなることを想定していなかったということではないことがわかります。

koronbusu-kantoku5

コカ・コーラのキャンペーンソングでもあったため、ちょっと急ぎで制作しなければならなかったのかなあということで、「ちょっと問題になるかなあ」という思いはあったものの完成させなければならなかったのかなと想像します。

  • CMの撮影
  • MVの制作
  • 告知VTRの作成

人気アーティストともなると、やること多忙のため今回のような自体になるのは考える余裕がなかったのかもしれませんね。

まとめ:ミセスの「コロンブス」の監督

Mrs.GREEN APPLEの新曲「コロンブス」のMVの監督について調べてみました。

調べてみるとボーカルの大森さんも携わっていたことがわかりました。

制作会社が悪いのかと思ったのですが、謝罪文などを見るとアーティストも関わっていたということなんで、制作会社だけが悪いということではないことがわかります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次