MENU
カテゴリー

【西新宿タワマン事件】和久井学がかわいそうと言われる理由をまとめてみた

2024年5月8日に新宿区のマンションで起きた事件。

犯人として捕まったのが和久井学(わくいまなぶ)容疑者でした。

しかし、事件が発生した経緯について見ていくとネット上では和久井容疑者に対して同情するような声も多く「かわいそう」と感じられた方も多い印象でした。

この記事では、西新宿のタワマンの事件で和久井学容疑者が「かわいそう」と言われる理由について紹介します。

目次

西新宿タワマン事件が発生した経緯

2024年5月8日に西新宿のタワーマンションの殺害事件で、和久井学容疑者が逮捕されました。

この事件で、ガールズバーを経営していた平澤俊乃が亡くなっています。

2人は、4~5年前にガールズバーの客として知り合いました。

「結婚をする」ということも和久井容疑者の父親にも話していたそうです。

ただそのことに関しては一変して、2021年頃にはストーカー疑惑が掛けられたこともあったようです。

事件の経緯について調べてみると以下の通り。

2021年12月:平澤から110番通報
2022年3月:ストーカー行為で警察の対応で終了。その後お店の出禁
2022年4月:平澤から2回目の110番通報
2022年5月:書類で警告(ストーカー規制法違反)
2022年6月:1年間の入店禁止命令
2023年7月:平澤から継続希望が無く警視庁の対応終了
2024年5月:事件が発生

また、3~4年ほど前に所有していたバイクも車も売却して1000万円の資金と更に消費者金融から800万~900万円も借り入れして渡したのだとか。

その資金に関しては、平澤俊乃のガールズバーの支援のために工面されたそうです。

平澤俊乃のガールズバー

平澤俊乃は2022年2月11日に上野にて「Club Charme(シャルム)」というお店をオープンさせています。

平澤ではなく、「平明日香」という源氏名で活躍されていました。

しかしウワサによると、運営していたのは2店舗あってどちらも潰してしまったのだとか。

理由に関しては定かではないのですが、もしかすると揉め事だったり売上があまりよくなかったのかもしれません。

2022年ということは、和久井容疑者が車とバイクを売却した後の話になるので、おそらくその資金でオープンさせたのではないかと考えられます。

実際とのところ、和久井容疑者の用意した資金が、お店の客として密がされたのか平澤俊乃に直接流れたのかはわかっていません

ただ、亡くなった平澤俊乃に関しては「自業自得」という声も上がっており、亡くなったのにも関わらず和久井容疑者に対して同情の声も多くあがっていました。

【西新宿タワマン事件】和久井学がかわいそうと言われる理由

愛車とバイクと失った

まず、かわいそうと言われる理由の1つが20年間も愛用していた愛車とバイクを失ったことです。

おそらくガールズバーのオープンするための資金を用意させたのでしょう。

車とバイクの売却は、ヤフオクで行われたようで1000万円で売却されていました。

和久井容疑者のSNSを見ると、2021年11月と12月に売却したことが判明しています。

バイク:NR(300台限定)
車:NSX

どちらも、入手困難な車両のようで3000万円などの価値がある国宝級のお宝と言われていました。

一途な思いから手放すことを相当悩んだと思います。

本当ならずっと乗っていたかったというのが本音でしょうね。

ストーカー呼ばわりされた

もう一つは、ストーカー呼ばわりされて事件にもされたという点です。

車の売却が終わったのが2021年12月なのですが、その後すぐに和久井容疑者はストーカー行為を平澤から通報されていました。

さすがに、愛車を手放してようやく結婚できるのかと思いきや、お金がもらえたから警察に突き出されるって本当割に合わないですよね。

自分がどういう思いで車を所持していたかとか本気で結婚したいとかガールズバーを応援したいから、20年愛した車を手放すって相当覚悟がいるはずですよね。

そんな思いを平澤は、踏みにじったように思えます。

ただ単に、最初の報道では和久井容疑者が「過去にストーカーをしていた」とだけ報じられた時は、『いい年こいて、しつこい男だな』と思ったのですが、さすがに車の件を考えると同情しかないですよね。

SNSの投稿が胸糞悪い

そしてその後、平澤は、お店で活躍するようになるのですが、SNSの投稿などを見ると、自分の用意した金で豪遊している姿が目にあまりました。 

「水商売はワガママでナンボ」

という書き込みを見ても、お客さんをお金としか思っていないことや純粋な男の気持ちに対して結婚をほのめかして起きながら、お金をもらったらバイバイっていう感じがどうしても気に食わないですよね。

和久井容疑者だってSNSをチェックしていると思いますし、『20年間も乗っていた愛車なのにこの女!』と感じたのは間違いないでしょうね。

結局は水商売の方にガチ恋してしまったのも悪いところではあるものの、ワガママ過ぎることには、和久井容疑者への情状酌量の余地はあるのではないかと考えられます。

実はこのことに関しては、「chnge.org」というサイトで和久井容疑者への減刑への署名活動も行われているようです。

和久井学への署名活動も話題

和久井容疑者の署名サイト(change.org)はこちら

2024年5月9日から上記のサイトにて署名活動が行われています。

さすがに無罪というのは厳しいかもしれませんが、情状酌量の余地ありなのではないかと思いますね。

興味がある方は、ご検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ:和久井学がかわいそう

2024年5月に起きた新宿のタワーマンションの事件についてまとめてみました。

逮捕された和久井学容疑者は、人をあやめてしまっていますが、同情の声も多く広がっているようです。

ただ、人を亡き者にする行為に関しては絶対ダメ!ではあるのですが、事件の経緯を見ると同乗したくなる気持ちもわからなくないですよね。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次