【水曜日のダウンタウン】四世代リレーの家系図が衝撃的すぎる

水曜日のダウンタウンの説で四世代リレーが面白かったですよね。

リレーよりも4家の家系図の方が衝撃的すぎでした。

そこで今回は、四世代リレーの家系図についてまとめてみますね。

広告

【水曜日のダウンタウン】四世代リレーの家系図がすごい

2019年3月6日に放送された「水曜日のダウンタウン」で四世代リレーが話題になっていましたね。

本来のリレーではなく、複雑な家計図に驚き本編よりも注目されていたのではないでしょうか?

  • 宮崎家
  • 植原家
  • 知花家(ちばなけ)
  • 東門家(あがりじょうけ)

それぞれの家系図を見てみましょう。

宮崎家の家系図

まずお母さんに注目してみると、1度の離婚で初の出産が17歳の時であったことがわかりますね。

祖母に関しては、2度の離婚をされ1度の破局となっています。

生まれたばかりの次男君(10ヶ月)はすでにおじさんになっていることなど複雑な関係であることがわかります。

祖父母に関しては、ずっと不倫の子供であると祖母に隠していたようですね。

家系図もゆっくりみないとわからないレベルですし、その祖先についても気になってしまいますね。

植原家の家系図

まず母に注目してみると、初の出産が17歳ということで宮崎家に共通するものを感じます。

祖母も離婚や破局をされていて、5歳のおばさんも出産しているという複雑さに驚きますね。

曾祖母に関しては、離婚などもなく5人の子供を生んでいるんですね。

曾祖母にしてみれば、誰が自分の子で孫なのかひ孫なのか覚えるのが大変そうです。

知花家の家系図

家系図を見てみると、すごいシンプルで逆に驚きますね。

母親に注目してみても初の出産が16歳と早いです。

祖母も20歳で母を生んでいることや曾祖母も割と早くから出産しているんですね。

東門家の家系図

番組でも事件性を感じるとなっていました。

確かに、どこから見て良いのか難しいですし、彼の連れ子などもいるため他の家系図と見ても余計に複雑で驚きます。

祖母の現在の旦那さんにも連れ子がいますし、誰が自分が生んだ子で誰が連れ子なのかわからなくなりそうです。

つまりは、ひとつ屋根の下で全くの他人がいる状況なのでしょうね。

広告

四世代リレーへの反応は?

四世代リレーに対する反応をまとめてみました。

本来のリレーよりも家系図の方が注目を集めていましたし、ゆっくりと家系図を分析したいと思ったのではないでしょうか?

場合によっては、おばあちゃんの子供と同級生ということになるのでしょうし学校でも関係を説明するのが大変そうですね。

まとめ

今回は、水曜日のダウンタウンの四世代リレーについて書いてみました。

すごい複雑な家系もあるのだなあと思いましたし、どう説明していいのか難しいですよね。

本編よりも家系図の方が注目されていて驚きましたね。

広告