チェホンマンの消えた理由や現在は何しているの?目撃情報などを調査

2005年頃にK-1ファイターとして突如現れ注目されていたチェ・ホンマンさん。

日本のバラエティ番組やドラマにも引っ張りだこだった時期がありましたが、最近はあまり見かけることが少なくなりましたね。

この記事では、チェ・ホンマンさんが消えた(干された)理由や現在の目撃情報などについて調べてみました。

チェ・ホンマンのプロフィール

名前:チェ・ホンマン

生年月日:1980年10月30日

身長:218cm

体重:160kg

国籍:韓国

格闘技ブームがあった2005年にK-1ファイターとして登場していたチェホンマンさん。

身長218cm、体重160kgという体格を武器にスター選手として活躍されていました。

怖そうな見た目からは想像しにくいのですが、ひょうきんなキャラでよく笑いを誘うような方でテレビ業界としても愛されていた方だったんですよね。

そんなチェ・ホンマンさんは、韓国陸軍の兵役のために2008年4月20日に帰国することになるのですが、その3日後に脳腫瘍(脳下垂体腺腫)が見つかり帰宅措置が取られました。

脳腫瘍の手術は、2008年6月10日に成功されています。

手術から3ヶ月後には、K-1のリングに立つことができたり、日本の映画にも出演されたりと活躍されていました。

2010年に放送されていたドラマ「怪物くん」ではフランケンを演じたことでも知られていましたね。

ところが、チェ・ホンマンさんはあることがきっかけで、テレビ出演が減少してしまいます。

チェ・ホンマンの消えた理由

チェホンマンさんが表舞台から姿を消したと言われた始めたのは、2015年頃でした。

実は2015年10月26日にチェホンマンさんは詐欺容疑で指名手配されたからで、2016年1月14日に、ソウル東部地裁で懲役1年、執行猶予2年が言いわされていました。

気になる詐欺の内容なんですが、

2013年に当時交際していた女性に、時計を買うという名目で、約1億ウォン(約1100万円)を借りたのに返さなかったことが原因のようです。

2014年2月頃に告訴されてから検索からの出頭命令も無視したということで、逮捕が請求されてしまいました。

この頃は韓国を拠点に芸能界や飲食店経営などで活躍されていたのですが、実は詐欺事件以外にもさまざまなトラブルがあったため干されてしまったのでしょう。

・2008年:10回のテレビ番組出演契約なのに4回しか出演せず、1億ウォン(約715万円)損害賠償請求された

・2011年:自身が経営する居酒屋の20代女性客に暴行して書類送検

チェ・ホンマンの現在は何しているの?目撃情報など

チェホンマンさんは、韓国を拠点に活動されていましたが、大阪を拠点に活動されていることがわかりました。

2019年12月20日に放送された番組「今夜解禁!ザ・因縁」に出演された際に過去に起こした事件のことやどうして大阪に移ってきたのかも語られていました。

どうやら事件の真相について、チェホンマン本人が以下の通りなのだそうです。

・暴行疑惑は、殴ったとされているが実は酔っ払った女性に服を引っ張られたのを振りほどいただけだった

・1300万円をだまし取った事件は、知人からお金を貸してほしいと言われたが、貸した相手がお金を返さなかったことでチェホンマンさんが逮捕となった

母国の韓国では白い目で見られてしまったため、居場所を失い日本で活動するようになったのだそうです。

この番組で、以前試合をした戦友のピーター・アーツ選手が登場しチェホンマンに対して叱咤激励し、「またリングに戻ってこい!」という話をされていました。

その後、チェホンマンは2019年6月10日にソウル・KBSアリーナホールでおこなわれたAFC(エンジェルスファイティングチャンピオンシップ)でダビッド・ミハイロフ選手と対戦することが決まりました。

結果は1ラウンド49秒でKOされて復帰戦としては渋いスタートでしたが、格闘家として再スタートを切っていますね。

まとめ:チェ・ホンマンの現在

チェホンマン選手は、過去に起こした事件によって格闘技界から退いていたことがありました。

現在は、ピーター・アーツ選手の言葉でK-1選手として復帰することができました。

復帰戦としては渋いスタートでしたが、これから活躍されていくでしょうね!

広告