【流れ星(芸人)】不仲と言われる理由は?TAKIUEのビジネスも原因?

お笑いコンビ「流れ星」の2人は、2020年の秋ごろから不仲なのではないかと噂されるようになりました。

番組出演やYoutubeでも不仲のような関係が噂されているのですが本当なのでしょうか。

この記事では、お笑いコンビ「流れ星」が不仲と言われている理由についてまとめてみました。

【流れ星(芸人)】不仲と言われる理由は?

流れ星の二人が不仲と噂されるきっかけとなったのが、2020年11月8日に放送された『ゴッドタン』で「腐り芸人流れ星SP」という回での出来事でした。

二人は、もともと同級生コンビのため仲がいいコンビという感じで始まったのですが、次第に不仲になっていっていることがわかりました。

どうして、不仲になったのかというとお互いのお笑いに対する思いのすれ違いが原因のようで解散の話も出ていたのだそうです。

理由の1つが、2019年に行われたTHE MANZAIに2人が出場されたときでした。

その年なんですが、アンタッチャブルが10年ぶりに漫才を披露するということで注目されていた年で、アンタッチャブルの次が流れ星の出番だったのだそうです。

そのため、ネタ自体が盛り上がったのですがちゅうえいさんの方だけが注目されたことが瀧上さんにとって面白くなかったのだとか。

流れ星のネタは、ちゅうえいさんのギャグが主なので、どうしても瀧上さんの印象が薄く成りがちなんですよね。

しかも、ネタやギャグのほとんどは瀧上さんが考えているので、縁の下の力持ちのような関係で20年以上も来ていたわけです。

また、スタッフさんなどからも「ちゅうえいさんたちは…」のように、瀧上さんの名前すら出てこない状況がよっぽど辛かったのでしょう。

そのため、瀧上さんは2020年8月15日に覚えてもらえやすいように事務所非公認でしたがTAKIUEという名前に変更されました。

ラジオの企画で半年前位から新芸名を募集してまして、ついに新芸名が決まりました!

と言う事で本日をもって、瀧上伸一郎改め、TAKIUEになりました!

引用元:ameblo(2020年8月16日)

ただ、流れ星が不仲となったこれだけではなく、TAKIUEさんがお笑い以外にも副業をしてることも理由のようです。

【流れ星(芸人)】不仲なのはTAKIUEのビジネスも原因?

流れ星のTAKIUEさんは、ちゅうえいさんいは教えていなかったのですが、いくつかお笑い以外にもビジネスをされています。

そのビジネスが、本格的すぎて、ちゅうえいさんもドン引きしているほどなのだとか。

ちゅうえいさん的には、「お笑い=ギャンブル」のようなイメージがあって2人で面白いネタをしてのし上がっていきたいということを思い描いていました。

一方でTAKIUEさんの方は、本格的に収入を得るために、銀行から借入をしながら利回りなども考えていくつか副業に取り組んでいるんですよね。

オンラインホスト、太陽光発電、不動産などお笑い芸人としての収入が無くても食べていけるほどの不労所得を得る仕組みを作っていました。

本格的に実業家として動き出しているTAKIUEさんに対し、お笑いよりもビジネスを優先しているように思えるためちゅうえいさんも不安になってしまったのかもしれません。

お金を稼いでいくのも大事なことですが、ちゅうえいさん的にはハングリー精神の状態から「どうにかして勝ち上がりたい」という気持ちがあるから、TAKIUEさんに対してアレルギーに感じているのかもしれないですね。

【流れ星(芸人)】実は仲がいい

ここまで、流れ星の不仲説についてまとめてきたのですが、実はゴッドタンの最後でも二人は仲直りされていました。

これまで、20年間「ありがとう」ということを伝えてこなかったのですが、TAKIUEさんがネタを書いてくれることに対して感謝を伝えていました。

また、TAKIUEさんの方もちゅうえいさんが一人で汗をかいて動いて笑いをとってくれることに対して感謝を伝えて、2人は仲直りをされていました。

なんだかんだいっても同級生コンビのため、お互いに悪いところを補っていっているようです。

また、流れ星のYoutube動画でも仲直りをされています。

まとめ:流れ星の不仲説

流れ星の2人は、同級生コンビなのですが不仲になっていったことがわかりました。

いくつか番組に出演された時に、不仲について触れられたいたのですが、お互いのお笑いに対する思いのすれ違いが原因であることがわかりました。

最後には、仲直りすることもあったので実は仲がいいのかもしれませんね。

広告