【高市早苗】ベタ塗り眉毛の理由は?リウマチの副作用やアートメイク?

次期総理大臣候補として話題になっている高市早苗(たかいちさなえ)議員。

メディアなどで写真や映像が報道された際に、『眉毛が特徴的だなあ』と感じた方もいらっしゃったと思います。

チラッと映っただけでスルーされていた方もいらっしゃると思うのですが、確かに眉毛が変わっているという噂本当のようです。

この記事では、高市早苗議員の眉毛について変わっているという噂について検証してみました。

【高市早苗】眉毛が気になる

名前:高市早苗(たかいちさなえ)

生年月日:1961年3月7日

出身:奈良県大和郡山市

高市早苗議員の顔写真を見て見ると、確かに眉毛が左右対称できれいなんですが毛並みが無くベタ塗り感が出ていました。

習字用のペンだったりマジックなどで線を引いたような独特の眉毛をされていることがわかります。

ちなみに、横顔の写真も発見できたので見てみましょう。

特にわかりやすいのは、左目の眉毛になります。

こうしてみると立体的な眉毛ではなく、顔の形と同じく平坦な眉毛であることがわかりますね。

つまり、眉毛を全部剃った上からすべて描いているような感じなのではないでしょうか。

高市早苗の眉毛がくっきりしている理由

高市早苗議員の眉毛がクッキリしている理由については、明らかになっていません

ただいくつか、眉毛をあのように描かなければならない理由があることがわかりました。

1つ目が、リウマチの治療による副作用です。

高市早苗の眉毛を描く理由1:リウマチの治療による副作用

実は、高市早苗議員なんですが2013年に関節リウマチを患ったことを公表されています。

現在も治療中で、投薬によって症状を抑えているのだとか。

「現在も治療中ですが、薬を替えたところ、症状が改善しましたので、仕事には全く影響ありません」

引用元:デイリー新潮

おそらく、このリウマチのによる副作用の可能性がありました。

調べてみたところ、リウマチの副作用についてはこのようなことがあるようです。

吐き気・おなかの痛み・口内炎

かゆみ・発疹

肝臓障害

骨髄抑制(こつずいよくせい)

感染症

体の怠さ

抜け毛

特に関係するのが「抜け毛」の症状ですね。

気になったので調べてみたのですが、2014年から2021年にかけて急に髪のボリュームが増えたということが話題になっていました。

眉毛だけでなく髪の毛についてもも「ウィッグではないか?」という噂も出ていました。

つまり、リウマチの治療によって髪の毛などが無くなってしまったという可能性があることですね。

そのため、眉毛も薄くなって無くなってしまったということなのでしょう。

高市早苗の眉毛を描く理由2:アートメイク(眉毛のタトゥー)

もうひとつの可能性としては、眉毛をアートメイクにされたという可能性です。

アートメイク(眉)」とは、眉毛にタトゥーのような色素を着色していくという治療法ですね。

ちなみに、日本では数年前にエステサロンなどでトラブルがあったということもあって、医師免許が必要な医療行為になりました。

理想の眉毛を手に入れられるのですが、1年~3年ほどで薄くなっていくため、定期的なメンテナンスが必要なります。

実は、高市早苗議員なんですが眉毛が薄くなっている写真もあることがわかりました。

こちらを見ると、わかるように眉毛が薄くなっていることが確認できると思います。

おそらくアートメイクの色素が落ち始めたということなのではないかと思いますね。

一昔前は、高市さんのようにベタ塗りした感じのアートメイクが治療法としてありました。

しかし、最近のアートメイクはすごくて、毛並みも細かく表現されるようになっています。

こちらはゆきぽよさんの眉毛の施術の様子なんですが、自然な仕上がりになっていることがわかりますね。

アートメイクをされた時期にもよるのですが、ベタ塗り感のある眉毛に仕上がってしまう時期もあったようですよ。

まとめ:高市早苗の眉毛

高市早苗議員の眉毛が気になるという噂が出ていました。

確かに、調べてみるとベタ塗り感のある眉毛であることがわかりますね。

おそらくリウマチの治療による副作用だったりアートメイクの可能性も高そうですね!

参考になれば、幸いです。

広告