【楽天モバイル】つながらない時の簡単な設定方法|3つのやり方を解説

楽天モバイルデータ通信障害で、データ通信が利用しづらい状況になってしまったということはありませんか?

「DNSサーバーの不調」が原因の1つらしく試す価値がある方法が3つほどあることがわかりました。

あくまで一時的な復旧方法になるのですが、誰でも簡単にできる方法ということで話題になっていました。

この記事では、楽天モバイルでつながらない状況にあった時に試してほしい3つの設定について紹介します。

【楽天モバイル】つながらない原因はDNSサーバー?

2021年9月11日に楽天モバイルにて、通信障害が話題になっていました。

通信障害については、午後1時頃から午後5時30分頃まで発生しており、現在復旧が完了しています。

どうやら、SNSの情報ですとGoogle検索やTwitter、LINEなどの一部のアプリは利用できる状態だったようです。

9月11日に発生した通信障害については、「DNSサーバー」の障害が原因ではという声が上がっていました。

DNSサーバーとは、ウェブサイトなどに使われている「google.co.jp」などのドメイン名をIPアドレスに変換する仕組みです。

普段何気なく見ているウェブサイトには、IPアドレスと呼ばれる割り当てられていて、何のサイトかわかりやすいようにアルファベットに変換されているだけなんですよね。

例えば、普段よく利用されているサイトはこんな感じです。

google.co.jp:172.217.31.163

yahoo.co.jp:183.79.250.251

話はそれましたが、今後もおそらく発生する可能性があると思います。

実は、DNSサーバーの障害が発生したとして「つながらない」という状態であっても以下の3つの方法を試すと復旧できるかもしれません。

【楽天モバイル】つながらない時の簡単な設定方法

ここから紹介する方法は、DNSサーバーで障害が起きている場合に対応できる方法になります。

あくまで一時的に利用することが推奨されているので、障害が復旧した際には設定を戻した方が無難です。

楽天モバイルの復旧方法1:DNSサーバーの変更(iphone)

iphoneの場合は、【設定】-【Wi-Fi】から使っているWiFiを選択します。

クリックすると「DNSを構成」という設定に飛ぶので【自動】から【手動】に切り替えます。

すでにDNSサーバーとしていくつか登録されていると思いますが、【サーバを追加】から以下のいずれかを追加してください。

8.8.8.8(GoogleパブリックDNSサーバー)

8.8.4.4(Google代替DNSサーバー)

1.1.1.1(無料のパブリックDNSサーバー)

dns.google(GoogleのDNSサーバー)

どれか1つで良いのですが、追加をして保存をするとつながるようになります。

iPadの場合も同じです。

楽天モバイルの復旧方法2:DNSサーバーの変更(Android)

Androidの場合は、【設定】-【ネットワークとインターネット】-【詳細設定】を選びます。

【プライベートDNSのホスト名】というところに以下のいずれかを入力して保存して完了になります。

dns.google.com

dns.google

どちらでもいいようです。

楽天モバイルの復旧方法3:アプリをインストール

1.1.1.1: Faster Internet

1.1.1.1: Faster Internet

Cloudflare無料posted withアプリーチ

こちらの「1.1.1.1:Faster internet」というアプリでも設定が可能です。

iPhoneでもAndroidでもアプリはあるのですが、障害が発生する前に備えておく必要があるので注意が必要です。

このアプリは、さきほど紹介した「1.1.1.1」にDNSサーバーを置き換えてくれるツールになります。

使い方は簡単で、アプリ内にあるスライド式のボタンをONにするだけ。

いざという時のためにアプリをダウンロードしておいて、DNSの障害が出たタイミングでONにする形になりますね。

これだけで済むので、入力が面倒だなあと感じる方はアプリでもいいかもしれませんね。

【復旧方法】試した人の感想を紹介

まとめ:楽天モバイルの通信障害

楽天モバイルの通信障害問題が話題になっていました。

復旧方法について3つほどあることがわかりましたね。

今後、また同じようなことがあった場合に備えておくといいかもしれません。

参考になれば、幸いです。

広告