【画像】菅田将暉のパーマは地毛?アフロヘアーは2回目だった

ドラマや映画などで活躍されている俳優の菅田将暉さん。

度々、個性的なヘアースタイルになることが話題に取り上げられるのですがアフロヘアーになっていることに驚かれた方も多いのではないでしょうか。

実はパーマを当ててアフロヘアーになった理由があるのだとか。

この記事では、菅田将暉さんがパーマを当てた理由やアフロが地毛なのかも調査してみました。

【画像】菅田将暉の髪型がパーマの理由

俳優の菅田将暉さんがアフロへアーになったのは、2021年6月頃からでドラマ「ミステリと言う勿れ」の主人公を演じることになったからでした。

菅田さんが演じるのは、久能整(くのうととのう)と言う大学生の探偵です。

原作ビジュアルが天然パーマということで、「ぼっちえのき」という愛称でも親しまれています。

そのためドラマ化となった際に菅田将暉さんもアフロヘアーになったようです。

これだけボリュームのあるヘアスタイルということで、『これは地毛なの?ウィッグなの?』と気になっている方もいるのではないでしょうか。

菅田将暉のパーマは地毛

菅田将暉さんのアフロヘアーに関しては、地毛にパーマをあてていることがわかりました。

役作りのため、地毛を伸ばしてパーマをあてていたようで、撮影が始まる前から準備をされていたようです。

同系連ドラ初主演で「月9」枠初主演となる菅田が、役作りのために自ら地毛で巨大なアフロヘアーに変身し、言葉だけでストーリーを展開させていく難役にチャレンジする。

引用元:TVガイド

監督も菅田さんの気合の入れようにビックリされたことと思います。

実は、菅田将暉さんなんですが過去にもアフロの役をされていたことがあったんですよね。

菅田将暉のアフロヘアーは2回目だった

2015年に公開された映画「明烏(あけがらす)」の中で、借金返済に追い込まれた再開ホストという役でアフロにされていました。

 

この映画の中では監督から「アフロにしたい」という提案を受け急遽、衣装合わせのタイミングでアフロになったのだとか。

実は、菅田将暉さんなんですが中学生の頃からアフロに憧れていたようでアフロにすることに前向きだったようです。

中学の時からアフロにしたくてしょうがなかったんです。俳優の仕事をしていなければ、地毛でアフロにしてると思いますね。

引用元:女子SPA

この時はさすがに地毛ではなく被り物だったようですが、念願かなってドラマ「ミステリと言う勿れ」でアフロになれたわけです。

まとめ:菅田将暉のアフロ

菅田将暉さんがアフロヘアーになっていることが話題になっていました。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の主役を演じるということで地毛にパーマを当てられたのだそうです。

以前にもアフロ役をされたことがあって、中学生時代からの憧れだったようですよ。

広告