【怪魚ハンター】フジコスがかわいい!富士木耶奈が釣りにハマった理由も紹介

バラエティ番組「ノブナカなんなん」で紹介され話題になった怪魚ハンターの富士木耶奈(ふじきかな)さん。

マルコスさんと同じ階魚ハンターということか”フジコス“の愛称で呼ばれることになりました。

そんなフジコスさんは美人でかわいいということもあってどんな方なのか気になった方もいらっしゃると思います。

この記事では、階魚ハンターのフジコスさんについてまとめてみました。

【ノブナカなんなん】階魚ハンターのフジコスがかわいい

名前:富士木耶奈(ふじきかな)

生年月日:1993年4月18

出身:兵庫県

富士木耶奈さんのTwitterはこちら

富士木耶奈さんのInstagramはこちら

富士木耶奈さんのYoutubeはこちら

2022年3月9日に放送されたバラエティ番組「ノブナカなんなん」で登場した階魚ハンターのフジコスこと富士木耶奈さん。

日本中を旅しながら珍しい魚を釣り上げて、生活を送っているというライフスタイルを送っていらっしゃいます。

美人でかわいいということもあって2015年には、アングラーズアイドルという釣り業界のアイドルを決めるオーディションでも第6代アングラーズアイドルに輝いています。

こちらが、当時の写真になりますね。

とても美人ですよね。

1年間のうち300日は釣りに出かけているというほどの釣り好きで、毎日が楽しいと話しているほどです。

朝は5時起きと早かったり、お家もテントや車中泊が主ということ環境ではあるもののフジコスにとってはお気に入りのライフスタイルなのだそうです。

そんなフジコスが釣りにハマった理由についても紹介しますね。

フジコスが釣りにハマった理由

フジコスが釣りにハマったのは、3歳の頃にお父さんと一緒にアジを釣りに出かけたことがきっかけだったようです。

当時から釣り道具一式を買ってもらって、すごくお気に入りだったそうですよ。

ちなみに、今でもそのリールと竿があって2020年に自身のYoutube動画でも紹介されていました。

実は22歳までは釣りから離れていて、大阪で美容師として働いていたこともあったそうです。

ただ、当時から仕事終わりに電車で釣りに出かけて朝に帰ってきてそのまま仕事に行くというような生活を送っていたようで釣りへの思いもずっと残っていたそうです。

ある日、珍しい魚のを釣り上げたことがきっかけとなり、怪魚ハンターを目指すことに決意され現在の生活になったのだとか。

現在は、怪魚ハンターとしてのイベントなどの収入で月20万円の収入を得られるようになっていますが、遠征代などでほとんど消えてしまうのだそうですよ。

ただ、今の生活が好きということで今も釣りに出かけていらっしゃるのだそうです。

マルコスさんと同様に応援したくなりますよね。

まとめ:フジコスがかわいい

バラエティ番組「ノブナカなんなん」で紹介されたフジコスさんがかわいいと話題になっていました。

美人で明るい性格ということから応援したくなりますよね。

参考になれば幸いです。

広告