【ともさかりえ】現在の活動は|テレビで見なくなった理由や離婚歴も紹介

1995年に放送されたドラマ「金田一少年の事件簿」の初代みゆき役として知られている女優のともさかりえさん。

最近では、あまりテレビで見かけることが少なくなったため今どうされているのか気になっている方もいらっしゃると思います。

実は結婚や離婚などもされていらっしゃるんですよね。

この記事では、女優のともさかりえさんの現在の活動や結婚歴についてまとめてみました。

ともさかりえの結婚歴

名前:ともさかりえ

生年月日:1979年10月12日

出身:東京都

ともさかりえのInstagramはこちら

1992年に女優デビューをされたともさかりえさん。

 

プライベートでは、2度の結婚と離婚を経験されておりバツ2であることがわかりました。

1度目の結婚は2003年4月(当時23歳)の時で、俳優で演出家の河原雅彦(かわはらまさひこ)さんとでした。

きっかけは2000年に河原さん演出の舞台「トランス」で共演されたことがきっかけです。

二人の間には2004年10月に長男の楓(ふう)くんが誕生されています。

ただ2008年12月31日に離婚されていました。

離婚の理由に関しては、ともさかさんのブログでこのように記載されています。

野暮な原因は特にありません

本当にさまざまな気持ちが駆け巡った瞬間もあったけど、それでも残ったのは不思議な愛(いと)おしさだけで。

お互いに大好きでいるためのサヨナラを

引用元:スポニチ

それから、ともさかりえさんは、2011年6月にスネオヘアーさんと再婚されています。

二人の出会いは、2010年12月に公開された映画「アブラクサスの祭」で共演されたことがきっかけでした。

公式ブログでは2人の仲良さそうな写真がアップされたりしていましたが、2017年3月29日に離婚が報じられました。

離婚した理由に関しては公式ブログでこのように記載。

離婚をするのに円満も何もありませんが、慰謝料などもなく、円満離婚です。

引用元:アメブロ

ともさかりえがテレビで見なくなった理由

ともさかりえさんは、現在、舞台を中心活躍されています。

最近でもテレビドラマや映画にも出演されていました。

2016年:ヒガンバナ

2016年:家売るオンナ

2017年:アシガール

2019年:イノセンス免罪弁護士

2019年:貞子

2020年:酔うと化け物になる父がつらい

2021年:雲霧仁左衛門

ただ、90年代や2000年前半の出演数に比べると少なくなったように思えます。

その代わり、最近では舞台公演でのお仕事も増えているようです。

2022年には舞台「命、ギガ長ス」に出演されています。

舞台を中心に出ている一方で、ドラマや映画にも出演されていることがわかりますね。

大体、2度目の離婚のあたり(2016年)からお仕事も徐々に増えていったように思えます。

ただ、実はともさかりえさんなんですが病気を患っていた過去もあるようです。

【ともさかりえ】結婚前は拒食症

結婚前のともさかは、精神不安から拒食症になり栄養失調になる事態になった過去があります。それによって重度の虫歯に悩んだ時期もありました。ただ、結婚し子供を授かってからは、落ち着いていたのですが、精神的に弱い部分があることは確かです

引用元:アサジョ

ともさかりえさんについて調べてみると拒食症に悩んでいた時期もあることがわかりました。

精神的に脆い一面もあるようですね。

お子さんが成長し、ある程度、手がかからなくなってきたことで働きに出る主婦の方も多いんですよね。

ともさかりえさんのお仕事が増えたのが2016年ということは、お子さんが中学生くらいになっていると考えられます。

おそらく、これまでは子育てに夢中になって充実感を得てこられたため、今度はお仕事に夢中になりたいということで増やされたのかもしれませんね。

まとめ:ともさかりえの現在

女優のともさかりえさんは、現在も女優として活動されていることがわかりました。

テレビ出演よりも舞台の方で出演数が増えていることがわかりましたね。

また、ドラマや映画でも出演されていることがわかりました。

参考になれば幸いです。

広告