【画像】滝藤賢一の筋肉がバッキバキって本当?筋トレメニューも紹介

ひょろっとしたイメージのある俳優の滝藤賢一さん。

実は、脱ぐとすごい体をしているということが話題になっていました。

普段から筋肉を大きくするためのトレーニングをされているということですが本当なのでしょうか?

この記事では、滝藤賢一さんの筋肉についてや筋トレメニューについてまとめてみました。

【画像】滝藤賢一の筋肉がバッキバキって本当?

名前:滝藤賢一(たきとうけんいち)

生年月日:1976年11月2日

出身:愛知県名古屋市

滝藤賢一さんといえば、ドラマ「半沢直樹」「探偵が早すぎる」などの作品に出演されていますよね。

作品やバラエティ番組で見る滝藤さんのイメージといえば、【服がおしゃれ、ちょっと痩せている、クールに見えて面白いトークをする人】といった印象があると思います。

どちらかといえば、ひょろっとした印象だと思うのですが、どうやら脱ぐと筋肉がバッキバキなのだそうです。

実際、ドラマの中で脱ぐシーンも多いようです。

左上:麒麟がくる(2020年)

右上:麒麟がくる(2020年)

左上:極主夫道(2020年)

右下:探偵が早すぎる(2022年)

こうしてみると確認してみると服で隠れていたとはいえ、バッキバキでイメージとのギャップがすごいなあと感じます。

むしろ、自分の筋肉をアピールするためにドラマのシーンに取り入れてるんじゃないか説も浮上しているようですよ!

2022年になると腕の筋肉がすごく大きくなっていることを考えると、普段から結構ハードなトレーニングをしてるんじゃないかなと感じますね。

滝藤賢一は共演者に筋肉自慢をするって本当?

筋肉がすごいということがわかった滝藤さんなんですが、度々ドラマで共演している方に筋肉自慢をすることも多いようです。

たとえば、こちら。

麒麟がくるで共演された門脇麦さんは、舞台裏でスキマ時間にトレーニングしてる滝藤さんを目撃されたこともあったそうです。

ドラマのシーンでも脱いでいるので、【滝藤さん=筋肉すごい】のイメージがついてしまっているのかもしれませんね。

また、女優の吉田羊さんもこのようなことを答えていました。

2018年に放送されていた「コールドケース」というドラマで共演された羊さんは滝藤さんについて『筋肉バカ』と話しています。

撮影現場では滝藤の筋トレの「スー、スー」という声が聞こえるそうで、吉田は「それはどこの筋肉にきくのですか」と尋ねると、丁寧な説明が始まるという。

引用元:日刊スポーツ

それから、平手友梨奈さんに関しても目撃情報がありました。

2020年公開の映画「さんかく窓の外側は夜」の中で『滝藤さんの筋肉すごかったです』と答えています。

どうやら、滝藤さんなんですが奥さんに筋トレのことを話しても何にも言われないということから共演者に話すことが多いようですよ。

みんな口を揃えて、『すごい!』と言ってくれるのは環境に恵まれていてありがたいですね。

滝藤賢一の筋トレメニューも紹介

そんな滝藤賢一さんのトレーニングメニューについても調査してみました!

滝藤賢一さんのトレーニングに関しては、自宅やスポーツジムや撮影現場などさまざまな場所でスキマ時間を利用して鍛えているそうです。

スポーツジムでは、ベンチプレスなどのトレーニング器具を使ったり自重トレーニングもされているのだとか。

自宅では、懸垂をしたり、スライドボードと呼ばれる横滑りするマットを使用して足や腕を追い込んでいるのだとか。

また、39歳の頃からキックボクシングを始められていたようで、トレーニングの中にボクシングや有酸素運動なども取り入れて体を絞っているようですよ。

撮影のために1ヶ月で3kgの減量に成功されたこともあるようで、筋肉を増やしながら脂肪を減らすことも欠かさないようですね。

そんな滝藤さんの原動力は、スター・ウォーズシリーズでおなじみのリーアム・ニーソンさんにあこがれてトレーニングを始められたのだとか。

おそらく自分も「アクション俳優になりたい!」という気持ちもあったため、現在でもトレーニングを欠かさないのかもしれませんね。

ちなみに、滝藤賢一さんの自慢の筋肉は『お尻』だそうですよ。

まとめ:滝藤賢一の筋肉

俳優の滝藤賢一さんは、筋肉がすごいと話題になっていました。

調べてみると確かに筋トレを普段から行っておりバッキバキであることがわかりましたね。

アクション俳優としても活動できるようにという気持ちがあるようで、精神的にも若くて生き生きしているのが素敵ですね!

参考になれば、幸いです。

広告