【月曜から夜ふかし】逆クレーム居酒屋の店名・場所|佐々木式部は前科持ちって本当?

バラエティ番組「月曜から夜ふかし」の名物キャラクターの1人として知られている佐々木式部さん。

佐々木さんは、「逆クレーム居酒屋の店主」として知られるようになりました。

この記事では、月曜から夜ふかしで紹介されていた逆クレーム居酒屋のお店について紹介します。

【月曜から夜ふかし】逆クレーム居酒屋の店名

バラエティ番組「月曜から夜ふかし」で知られるようになった居酒屋の名物店主の佐々木式部(ささきしきぶ)さん。

2019年7月1日に「働く人の心の叫び、お客さんへの逆クレーム」の調査で有名になりました。

佐々木さんの経営する居酒屋は、東京・千代田区にある「居酒屋神田万丸」というお店になります。

こちらが佐々木さんの居酒屋ですね。

名前:居酒屋神田万丸(かんだまんまる)

住所:東京都千代田区鍛冶町2丁目12−11

神田万丸のTwitterはこちら

神田万丸のGoogle Mapはこちら

神田万丸の食べログはこちら

番組の中では、普段は言えないお客さんへの不満を答えていたのですが、お店を経営される方以外でも反響があって話題になりました。

佐々木さんが過去に答えて逆クレームをいくつか紹介します。

いつ何人増えるか言え

かっこつけに付き合わせるな

お前何飲んだか知らない

人数分の水いる?

などです。

居酒屋店ではお客さんからよく聞くようなセリフに対しての心の叫びがかなり絶賛されており、その後の追加取材も何度か訪れられていました。

【月曜から夜ふかし】佐々木式部は前科持ちって本当?

実は、店主の佐々木式部さんなんですが、過去に逮捕された経歴があるとのウワサがありました。

事件は、2012年11月28日に起こったのですが、薬物関連の事件でこんな記事が見つかっています。

麻薬成分を含む植物片や粉末を販売目的で所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課と東京都薬務課は28日までに、東京・歌舞伎町のハーブ店店長、佐々木式部容疑者(45)ら4人を麻薬取締法違反(営利目的所持)容疑で逮捕した。警視庁と都の合同捜査による麻薬事件の摘発は初めて。

引用元:日本経済新聞

同姓同名の可能性も考えられるのですが、佐々木さんで間違いないと思いました。

というのは、記事にあるように2012年時点で45歳と記載されていて1967年生まれという点が一致するからでした。

ちなみに、番組では佐々木さんの年齢については触れられていません。

ただし、佐々木さんは2022年9月にも逮捕されているんですよね。

【月曜から夜ふかし】佐々木式部の逮捕報道

逮捕されたのは、IP電話の番号供給会社「アシストライズ」の実質的な運営者で千葉県習志野市の大堤康至容疑者(51)や会社の代表をつとめる東京都荒川区の佐々木式部容疑者(55)などあわせて9人です。

この時に2022年時点で55歳という年齢が明らかになっていました。

ということは、1967年生まれということがわかります。

先程の事件と共通するのはこれで、【名前、場所、年齢】が一致するということから佐々木さんでほぼ間違いがなかったということにつながりました。

つまり佐々木さんは、2012年と2022年に事件を起こして逮捕されているということですね。

広告