【声優】宮野真守の子役時代がかわいい|金八先生にも出演していた

人気声優として有名な宮野真守さん。

意外にも声優になる前は、子役として活躍されていたことがありました。

あの金八先生にも出演されていた過去があるとのことで、ファンの間では知らない人はいないほど有名なことなんですよね。

この記事では、宮野真守さんの子役時代についてまとめてみました。

【声優】宮野真守の子役時代がかわいい

名前:宮野真守(みやのまもる)

生年月日:1983年6月8日

出身:大宮市

宮野真守のTwitterはこちら

宮野真守のInstagramはこちら

宮野真守さんは、実は子役出身の声優さんなんですよね。

7歳の時に子役として劇団ひまわりに所属されて活躍されていました。

こちらが、子役時代の宮野真守さんになります。

目元や口元は今の宮野さんに面影がありますよね。

子役時代は、西友のCM「西友大市」に出ていたり、特撮「エクシードラフト」、舞台「スクルージ」などの作品に出演されていようです。

宮野さんの声優の転機となったのが、18歳の頃で、たまたま受けた海外ドラマのオーディションに合格したことを受けて声優を目指すことにされたそうです。

2001年(19歳)の頃からで海外ドラマ「私はケイトリン」でデビューを飾っています。

現在でもミュージカルで活躍されているのは子役時代の積み重ねがあったからでしょうね。

【声優】宮野真守は金八先生にも出演

宮野真守さんなんですが、実は1998年4月2日放送の「金八先生スペシャル9」に出演されているんですよね。

この作品は、シリーズ4とシリーズ5の間に放送された作品になります。

2年B組の足進勝司という生徒役。

武田鉄矢さんと共演されているってすごいですよね。

【動画】子役時代の宮野真守

広告