【チコちゃん】ずん吉の正体は誰?キョエちゃんの代打になった理由も紹介

2022年10月7日の放送からNHK「チコちゃんに叱られる」に新しく加わった黒いカラスのキャラクター「ずん吉」。

いつものキョエちゃんの代打として登場されたのですが、正体が誰なのか気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事は、チコちゃんに登場した「ずん吉」の正体についてまとめてみました。

【チコちゃん】ずん吉がかわいい

2022年10月7日の「チコちゃん」の放送から加わることになった江戸区の黒い鳥「ずん吉」。

視聴者からのお便りコーナーの新キャラクターで、リーゼントの頭が特徴的なキャラクターなんですよね。

声は、ボイスチェンジャーで変えられているのですが一体誰なのでしょうか?

【チコちゃん】ずん吉の正体は誰?

結論から言うと、ずん吉の正体なんですが、いきものがかりの水野良樹(みずの よしき)さんではないかと推測しています。

理由はいくつかあるのですが、ずん吉の初登場した時に話していた内容にヒントがありました。

ずん吉が水野さんの理由1:深い付き合い

岡村:キョエさんとはお知り合いなんですかね?

ズン吉:深~い付き合いです

つまり、いきものがかりとして活動を共にしてきたことを表しているように思います。

いきものがかりと言えば、以前は3人体制だったのですが、2021年6月に山下穂尊さんが脱退されて、吉岡さんと水野さんの2人体制となって活動されていますよね。

そのため、代打として名前が上がったのが水野さんだったのではないかと思います。

それから、もう一つ名前にヒントがありました。

ずん吉が水野さんの理由2:ずん吉の名前

キョエちゃんも、なんですが吉岡聖恵(きよえ)という名前から来ていましたよね。

ずん吉についても実は同じで、水野(miZUNo)から来ているように思います。

なぜ、ミズ吉などではなく間の「ZUN」を取ったのかは謎なのですが、正体が水野さんだとすれば、名字の一部から取ったのかということが考えられますね。

【チコちゃん】キョエちゃんの代打になった理由

2018年4月からスタートした「チコちゃんに叱られる」で、視聴者からのお便りコーナーの名物キャラクターだったキョエちゃん

正体に関しては、非公開となっていたのですが、名前の感じから”いきものがかりの吉岡聖恵(よしおか キヨエ)さん“だというウワサも出ていました。

吉岡さんなんですが、2022年10月21日に第一子を出産。

この度、メンバーの吉岡聖恵が第一子を出産いたしました。

母子ともに元気に過ごしておりますことをご報告申し上げます。

今後の活動につきましては、本人の心身の健康と育児の状況を考慮しながら続けてまいります。

今後ともあたたかく見守っていただけたら幸いです。

引用元:いきものがかり

ずん吉がキョエちゃんの代打として登場した時期を考えると、吉岡聖恵さんの出産時期であることがわかりますよね。

実は、NHK「みんなのうた」でキョエちゃんの歌である『大好きって意味だよ』の中で、クレジットに「歌:吉岡聖恵」となっていたことがあったようです。

そのため、キョエちゃんの正体は吉岡聖恵さんということで間違いないでしょう。

広告