【ジャンポケ】おたけのもんじゃ焼き屋の実家はどこ?閉店するって本当?

お笑いコンビ「ジャングルポケット」のおたけさんは、実家がもんじゃ焼き屋さんを経営されています。

芸能人も多く訪れた思い入れのお店なのですが、一体どこにあるのでしょうか。

この記事では、ジャンポケおたけの実家について紹介します。

【ジャンポケ】おたけの実家はもんじゃ焼き屋

ジャングルポケットおたけさんの実家は、もんじゃ焼きやさんを経営されています。

元々は、工務店を営んでいたのですがおたけさんが16歳の時に閉店。

「お店が空いてるのももったいないから」ということで、図面を引いて夜だけ営業するもんじゃ焼き屋さんをオープンされたそうです。

おたけさんは、お店の2階に住んでおり、学生時代などは手伝いもされていたそうです。

NSC(吉本の育成所)時代には、食べれなかった時期もあって特にジャンポケの太田さんもこちらのお店によくお世話になっていたそうで、「200万円くらい食べたかなあ」ということを話していました。

【ジャンポケ】おたけのもんじゃ焼き屋の実家はどこ?

名前:竹の子

住所: 東京都中央区月島3丁目28−12

おたけさんの実家のもんじゃ焼き屋さんは、月島西仲通り商店街にある「竹の子」というお店になります。

お店の名前については、おたけさんの名字である「武山(たけやま)」きているそうですよ。

ご両親は離婚されて女手一つでお子さんを育てていたことから「たけのこ」という名前をつけたのでしょうね。

ただ、思い入れのあるお店も閉店のウワサも出ていました。

ジャンポケおたけの実家は閉店?

どうやら、25年経営されたお店なんですが2022年末で閉店となってしまうようです。

理由は、都市開発の関係ということですでに決まってしまったことであることがわかりました。

ただし、お店自体は5年後に復活する予定となっており、その際はお母さんではなくおたけさんがお店に立って切り盛りするようです。

おたけは「継ぐのは本当なんですけど、お笑いをやめるとは言ってない」と説明したが「店には立ちたい」と力説した。

つまり、芸人ともんじゃ焼き屋さんの二足のわらじで活動していくという感じで、今後は考えているそうです。

実際は、後輩芸人などのバイトを雇ったりしてまわしていくのかなあと想像しています。

トリオの解散については考えていないようで、両立する方向で進めていくそうですよ。

広告