【画像】松村北斗に吐きだこがある?手に傷がある3つの理由を紹介

SixTONESのメンバーで俳優としても活躍されている松村北斗(まつむら ほくと)さん。

ファンの間では、「痩せた」というウワサの他に、「吐きダコがある」ということもウワサが広がっていました。

心配する声も多くあるようですが、どうやら役作りやSixTONESの企画が関係しているのではないかと言われています。

この記事では、SixTONESの松村北斗さんの吐きダコの件についてまとめてみました。

【画像】松村北斗に吐きだこがある?

松村北斗さんの手に「吐きだこがある」というウワサが出るようになったのは、2021年12月8日に出場されたFNS歌謡祭でのとある動画がきっかけでした。

吐きだことは?

嘔吐(おうと)を繰り返すことで手にできる「たこ」のこと。

指を口に突っ込み、無理嘔吐させるため、人差し指と薬指の付け根のところに赤く症状として現れる。

拒食症・摂食障害などの方に見られるたこになります。

 

その動画というのが、北斗さんが楽屋でお弁当を食べている様子を記録したものです。

こちらが問題となっている動画の一部を切り抜いた写真になります。

確かに、ファンの心配されているように人差し指と薬指のところが赤く腫れているように思えました。

実はこの写真以外にも、2022年4月にはドラマの撮影現場を記録した写真の中にも吐きだこのようなものがあるということが話題になっています。

こちらの写真は2022年4月にスタートしたドラマ「恋なんて、本気でやてどうするの?」の撮影風景を記録したものです。

確かに、右手付け根の拳のところが赤くなっているように思えました。

本当に吐きだこなんじゃないかと心配される方も多いかもしれません。

どうして、このような痕があるかというと理由がいくつかあることがわかりました。

松村北斗の手の吐きだこがある3つの理由

結論から言うと北斗さんの右手の赤い腫れは、吐きだこではなさそうです。

理由はいくつかあるのですが、SixTONESの企画やドラマの役作りなどが関係しているのではないかと言われています。

吐きだこがある理由1:空手を習っていたから

実は北斗さんは、小学生1年生の頃から空手を習っていました。

中学2年生でジャニーズ事務所に入るまでは、静岡の名門道場に通っていたことも報道されて明らかになっています。

空手をされる際は当然、拳を使うわけなので、自然と拳が硬くなり赤くなっている方も多いようです。

吐きだこがある理由2:SixTONESの瓦割り企画

先程の空手につながる話なのですが、北斗さんは2022年1月15日に、SixTONESのYoutubeチャンネルにて瓦割りをするシーンもありました。

安全面を考慮され、グローブを装着されていますが、瓦割りって相当痛いですのでこの時の傷がドラマの撮影で残っていたということかもしれません。

時期的にも吐きだこがウワサされた時に重なるのでおそらく、この時にできたものではなないでしょうか。

吐きだこがある理由3:ドラマの役作り

2022年4月から放送がスタートしたドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」の第3話では、ガラス工房に訪れるシーンが記録されています。

厚木のガラススタジオで撮影されたこのシーンでは、軍手を着用されている様子がありますよね。

軍手で擦れたことや高温のガラス制作場のため、火傷などをされたなども考えれるますね。

広告